チケットを売るなら「ファン」が必要。「ファン」になってもらうには何が必要?

ファンを増やそう自分磨き/ブラッシュアップ

 

あなたの出演情報を心持ちにしてくれているファンがたくさんいる
舞台に出演する際などは、他の予定を空けてでも観に来てくれるファンがたくさんいる
✅舞台に出演する際などは、手持ちのチケットがすぐに完売する
✅いつも出待ち・入待ちしてくれるファンがたくさんいる
✅いつもたくさんの差し入れやファンレターが届く

 

あなたは、こんな状態に憧れませんか?

 

こんにちは😁

突然ですが、あなたには自分の「ファン」だと言える人がどれくらいいますか?

「ファン」という存在は、これからあなたが俳優を職業にしていく上で、切っても切れない存在です。

むしろ、「ファン」の応援や支えなしには、俳優を職業とすることは難しいでしょう。

これから女優を目指すもえちゃん
 俳優も人気商売だもんな~

実は先日、後輩俳優が「本番近づいてきたのにチケットが思うように売れてない~」と言っていたのを聞いて、ふと今回の記事を書こうと思いました。

今回の記事では、観客動員数を大幅に増やす方法の1つとして「ファン」を増やすということについて書きたいと思います。

当然ながら、「ファン」が増えればチケットもたくさん売れるようになります。

ですが、チケットがあまり売れない俳優の多くは、正直あまり「ファン」を増やす努力をしていない人が多いです。

なので、俳優を自分の職業にするためにも、一度「ファン」について考えてみましょう。

 

そもそも「ファン」とは?「ただの知り合い」?

そもそも、俳優のあなたにとって、「ファン」とはどんな存在の人でしょう?

 

ファンとは?
「特定の人物に対する支持者や愛好者」
引用 by Wikipedia

 

などと一般的には言われますが、もう少し身近な言葉で言うと応援してくれている人と言えますね。

ただ、応援してくれている人の全てが「ファン」というわけではありません。

役者仲間や私生活の中での友達、知り合いなども、あなたを応援してくれていますよね?

だけど、役者仲間や知り合いは応援してくれているのは事実ですが、「ファン」ではない場合が多いです。

なぜなら、「ファン」という言葉は、

 

「熱狂的な」を意味するファナティック(英: fanatic)の略
引用 by Wikipedia

 

とも、書かれています。

大事なのは、この「熱狂的な」の部分です。

たとえば、あなたが何かに出演するとなると、他のどんな予定を差し置いてでも必ず観に来てくれる。とか、映像作品なら録画してでも欠かさず観てくれたり、DVDを購入してくれたり、と。

そうした人が、俳優にとっての「支援者」であり、「ファン」と言える人ですね。

なので、「ファン」と「役者仲間や知り合い」をわかりやすく分けるとすれば、「支持者」と「応援者」の違いだと考えるといいかもしれません。

そこに明確な線引きはないですが、「応援者」と「支持者」では熱量が圧倒的に違います。

あなたに「ファン」はいる?

「ファン」と、「仲間や知り合い」の違いについて少しわかりやすく理解したうえで、あなたにはどれくらいの「ファン」がいるでしょうか?

誰かと比べるためや競うために考えるわけではないので、正直に考えてみてください。

ワークショップなどで、同じように考えてもらうと、

「正直なところ、応援してくれている人はたくさんいるけど、ほとんどが(応援者)であり(支持者)ではないので、ファンと呼べる人はすごく少ないです…」

と、いう人が思いの外たくさんいます。

俳優を志して10年目のアッチ
同じく応援してくれる人はいるけど、ファンと呼ぶのはかなり微妙だ…😓

でも、多い少ないの問題ではなく、現時点での事実を受け入れることが前進に繋がります。

今現在、「ファン」がそれほどいないのであれば危機感を持ちますし、これから1人でも多くの「ファン」を増やしていかなければいけないと本気で考え始めます。

でも、「自分にはファンが少ない」と認められていない俳優は、そうした危機感も弱く、ファンを増やそうという気持ちも弱い人が多いです。

危機感や増やそうという積極的な気持ちが弱いと、当然、工夫もしない人が多いです。

なので、ここではなんとなくごまかさずに、自分に正直に考えて、そして受け入れてください。

あなたには、「ファン」がいますか?

ファンを増やすために必要なこと

手を取り合い協力する人

 

役者仲間や知り合いの中には、お付き合いで観に来てくれる人や、身内感覚で「何か出るらしいから観に行ってあげよう」という人が圧倒的に多いとは思いますが、かたくなに「役者仲間や知り合いはファンではない」というわけではありません。

中には俳優としてのあなたの「ファン」も少なからずいると思います。

たとえ最初は「役者仲間」「ただの知り合い」であっても「ファン」に変えてしまう【魅力的な俳優】にあなたになればいいだけの話です。

俳優を志して10年目のアッチ
同業者をファンにするって相当な魅力が必要だな…

一番強いのは、俳優としてだけではなく、人として「ファン」になってもらうことです。

演技力を磨いて、良い演技で魅了して、というのは当たり前ですが、もっと人として「ファン」になってもらおうと思うと、具体的にどんなことを意識すればいいでしょうか?

もちろん、社会人としてのモラルやマナーなど人間性の部分は当然必要ですが、もう少しだけ踏み込んで考えてみます。

たとえ相手が知り合いでも知り合いでなくても、一番大事なのは、

 

  • 人間関係の築き方。人付き合いの仕方。人との向き合い方。

 

だと考えています。

仕事に対する姿勢や取り組み方、考え方などは当然のこととして、さらに「人間関係」に対する姿勢や取り組み方、考え方がとても重要です。

言い換えれば「人を大事にする」ということですね。

人を大事にする人は、人からも大事にされます。

でも、この「人間関係」や「付き合い方・向き合い方」が雑になっている俳優が意外と多いです。

実際によくある例で言えば、役者仲間同士で、相手の舞台などはあまり観に行かないのに、自分の出演する舞台の案内だけは頻繁に送りつける俳優がいます。

それって、良質な人間関係の築き方だと言えるでしょうか?

良い人付き合いの仕方だと言えるでしょうか?

俳優を志して10年目のアッチ
思い当たる節が…💧 

あなたならどうでしょう?

いつもあなたを応援してくれる人、いつも他の予定を空けてでも舞台を観に来てくれる人の方が、応援したくなりませんか?

これから女優を目指すもえちゃん
確実にそうですね❗️ 

反対の立場に立って どんな人なら応援したくなるのか、またどんな人ならちょっと敬遠したくなるのかを考えてみると、取るべき行動や取ってはいけない行動がわかりやすくなります。

とは言え、スケジュールなど様々な理由でどうしても知り合いの舞台などを観に行けないときもあると思います。

そんなときはせめて、ちょっとした差し入れやお花などを送るくらいはしましょう。

それだけでも印象は違うと思いませんか?

「忙しくて観に来れないときでも、いつも気にかけてくれて差し入れ(や花)を送ってくれるんだよね~😊」って好印象を持たれると思います。

実際に劇場などで見たことのある人も多いと思いますが、すでに一線で活躍している俳優同士でも、お互いにお花を送り合ったりはしていますよ。

関連記事
舞台公演などで俳優が「もらって嬉しい」おすすめの差し入れ
舞台の観劇に行く際に、何を差し入れしようか悩むことってありませんか?かさばるものや匂いのキツイものは、もらっても困ることがあります。悩んだときや、買いに行く時間がないときなどに、便利で嬉しいおすすめの差し入れをご紹介します。
舞台の出演祝いや公演祝いで贈るお花。送り方や注意点などとおすすめの花屋さん【8選】
舞台公演に出演する俳優にお花を贈りたいときの、送り方や注意点などを解説しています。おすすめのお花屋さん10選も。スタンド花などは受け取り不可の場合もありますので、贈るときは条件などに気をつけて送るようにしましょう。

 

「持ちつ持たれつ」「ギブアンドテイク」といった言葉があるように、自分が求めるだけでなく、自分も相手を支えたり、何かを与えたりしなければ良質な人間関係は築けません。

これは、友人関係や恋愛関係でも全く同じことが言えますよね。

そしてさらに、知り合いに対しても、知り合いではない人にも同じことが言えます。

知り合いには丁寧なのに、知り合いでない人のことは雑に扱ったりする人を見てどう思うでしょうか?

これから女優を目指すもえちゃん
 表裏があり過ぎると逆に怖くなりますね😣 
俳優を志して10年目のアッチ
 そういう人を応援する気にはなりにくい…😓 

自分のことを応援してほしいなら、誰に対しても感謝の気持ちを持って、丁寧に接しましょう。

下記の記事にも書きましたが、仕事でも恋愛でも何でも、「欲しい欲しい」と求めてばかりでは引かれてしまいますので、人に何かを求める前に、あなたから与えるようにしましょう。

関連記事
仕事の「本質」を理解する。俳優として売れない人の問題点
売れていない多くの俳優志望者が意識できていない事。それは「仕事」としての本質。仕事にできない俳優の多くが「求める」ばかりになっています。「俳優になりたい」「チャンスが欲しい」「仕事が欲しい」と。仕事とはお客さんを満足させる事から始まります。

 

知り合いであれば、出演情報や、舞台のお誘いなどばかりでなく、

「最近はどう?」
「変わりなくやってますか?」
「季節の変わり目ですが風邪など引かれていませんか?」

などと、たまには普通の連絡をしてみるといいですよ。

僕もたまに、特になんの用事がなくても後輩や仲間がくれるたわいもない連絡ってすごく嬉しくなりますし、たとえタイミングが合わなくて実現しなくても、食事や飲みのお誘いでも嬉しいものです。

これから女優を目指すもえちゃん
わかる😊 ふと思い浮かべてくれたことが嬉しくなる✨ 

気にかけてくれたり、お声をかけてくれるだけで、嬉しいですし、そういう人のことほど自分の時間を削ってでも応援したい気持ちになったりします。

でも、普段は全然連絡もしてこないのに、公演の案内や出演した番組の情報だけ「観てください!」「来てください!」って連絡してくる人って、ちょっと寂しくなります。

そういう人ってなんだか営業マンみたいで、「俺は営業相手か!」とツッコみたくなるときがあります(笑)

俳優を志して10年目のアッチ
確かに、案内連絡って営業連絡と言われても否定できない💦気をつけよう…

なので、あなたも身近な人間に都合のよいときだけ連絡したりするのではなく、「応援したくなる」と言ってもらえるような丁寧な向き合い方をすることをおすすめします。

特に、舞台などで実際に劇場まで足を運んでくれる人って、大事な時間を割いて、高額な料金を支払って、そこまで応援に来てくれるわけなので、それをちゃんと考えて感謝の気持ちを持っていれば、自然と丁寧な人間関係の築き方になると思います。

日ごろからそうしたことを意識して人付き合いするようにしましょう。

★ポイント★

  • 魅力的な人、魅力的な俳優ってどんな人かを明確にイメージする
  • 魅力的な人が、どんな人間関係を築き、どういう風に人付き合いをするのか、具体的にイメージする
  • 明確にイメージした「魅力的な俳優」を目覚し、身近な知り合いもファンに変えてしまうぐらいの魅力的な人になればいい
関連記事
俳優としてのセルフブランディング。コアなファンを増やす方法。
一線で活躍し続ける俳優になるには、自分自身を「ブランド化」する事です。ブランドというのはファンにとっては代わりの利かない「絶対的な価値」です。「価値を作り」「価値を伝える」ことがセルフブランディング。価値を伝えて唯一無二の俳優になりましょう!

まとめ

ありがとうのイラスト

ファンのいない俳優のもう一つの特徴として前売り券でチケットが売れないというのがあります。

ほとんどが当日精算券になります。

でも、固定のファンがいる俳優は、前売り券でどんどんチケットが売れていきます。

その辺りの違いについても一度、考えてみるといいと思います。

もちろん、当日精算券でも大事な時間を割いて足を運んでもらえるのは本当にありがたいことなのですが、そこにはどんな差があるのでしょうか?

これから女優を目指すもえちゃん
私の場合だと、絶対確保しておきたいチケットは前売り券で確実にゲットします。早く確実に確保しておきたいって気持ちの差なのかな・・・

もう1つ、「ファン」かどうかを判断する基準としてわかりやすいのは、案内を送った時に何と言われるか?です。

たとえば、あなたは誰かのファンでしょうか?

僕は矢沢の永ちゃんの大ファンです(笑)

 

コンサート

 

僕が誰のファンかなんてどうでもいいのですが(笑)、矢沢永吉さんが出演する番組の情報やコンサートの情報が解禁された時点で何を思うかと言うと、

「ありがとう!!」「待ってました!!」「絶対観ます!!」「必ず会いに行きます!!」

と、なります。

誰かのファンだという人には、この気持ち、わかってもらえるんじゃないでしょうか(笑)

どうですか?

 

「ありがとう!!」「待ってました!!」

 

これが、情報を公開したときの「ファン」の反応です。

あなたが案内を送った時に、

「ありがとう!情報待ってたよ~!」「都合をつけて絶対観に行きます!」

と言われたら、最高に嬉しくないですか?

俳優を志して10年目のアッチ
めっちゃ嬉しい~🙌…でも、ほとんど言われたことがない…😭

そんな風に喜ばれていますか?

そういう「ファン」をたくさん作らないと俳優を職業にすることは難しいです。

もしも今、「観に来てください!」とお願いするばっかりなんだとしたら、反対に「待ってました!ありがとう!」と言ってもらえる努力と工夫をしましょう。

俳優として最高の演技を観せて(魅せて) 魅了することはもちろん、人としても応援してもらえるような魅力的な人間になることを考えて行動すれば、心強いコアなファンがあなたを支持してくれます。

あなたの「ファン」が増えれば、チケットを売ろうなどと考えなくても、出演情報を公開した時点で自然とファンが喜んでチケットを確保してくれます。

そのためにあなたがすることは、日々、演技力を磨いて心を打つ演技を魅せることと、そして、

 

  • 人間関係の築き方。人付き合いの仕方。人との向き合い方。

 

です。

大事なことなので何回も言いますが、人を大事に考え、人を大切にする人は、人からも愛され、大事にされます。

なので、まずは何よりも「人」を大事にすることを意識して、日々の行動から改善していきましょう!

 

チケットに関する関連記事
チケットが売れない俳優の3つの特徴。売るために改善すべきこと。
チケットが売れない俳優には、それなりの理由と特徴があります。チケットが売れないということはお客さんがよべないということ。お客さんがよべないということは人気がないということ。人気がないということは俳優としても売れない可能性が高い。チケットを売るなら根本的な改善を。
チケットノルマに振り回されると友達を失う。売れない俳優の悪循環。
チケットを数多く売りたいが為に、相手のことも考えず、自分の都合だけで案内連絡していませんか?友達や知り合いを「都合よくチケットを買ってくれる人」のような、都合のいい扱い方をしていると友達が減りますよ。自発的に応援してくれるファンを作りましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました