ファンの増やし方

知っておくこと

【揃っていますか?】一線で活躍する俳優に備わっている8つの要素

俳優として一線で活躍するために必要なのは優れた演技力や容姿だけではありません。俳優の演技には人間性や内面が表れます。人として当たり前の礼儀礼節なども 一線で活躍する俳優に必要な要素の1つです。ここでは最低限備えておきたい8つの要素をご紹介します。
自分磨き/ブラッシュアップ

あなたをカリスマ性のある俳優にするセルフブランディング戦略。

あなたが出ている映画や舞台は自分で積極的に宣伝しなくても大入りになるほどの俳優になりたくないですか? サインや握手を求められる俳優になりたくないですか? ただお芝居をするだけでなく、自分を魅力的に見せる方法を学び、価値を高め、求められる俳優になりましょう。
4ステップ

俳優になるためのSTEP4。認知拡大してファンを増やす

俳優で生計を立てられるようになるには、やはり世間に俳優として認知されないと難しいですね。俳優として、演技力や人間性の向上に努めるのはもちろんのこと、積極的に自分の存在を知ってもらい応援してくれる人を増やしていかなければ職業にはできません。認知拡大の行動を起こしましょう。
自分磨き/ブラッシュアップ

売れない俳優は公演情報の送り方でわかる【気づいていない俳優多い】

売れない俳優の特徴は公演案内の仕方でわかります。あなたが送る公演案内は一番大事なことが欠けていませんか?気づいていない俳優も多いです。相手が求めていることは「素晴らしい芝居を観たい」というシンプルなものです。相手が知りたがっていることをちゃんと伝えましょう。
自分磨き/ブラッシュアップ

100枚のチケットを売る俳優には誰でもなれる【実践したこと10選】

チケットを30枚ほどしか売れない俳優もいれば、100枚以上のチケットを普通に売る俳優もいます。その違いを簡単に言えば「応援してくれている人の数の違い」ですね。あなたを積極的に応援してくれる人を増やすために魅力的な俳優へと変わっていきましょう。
自分磨き/ブラッシュアップ

チケットを売るなら「ファン」が必要。「ファン」になってもらうには何が必要?

俳優を自分の職業にしたいなら「ファン」は必須です。あなたには「ファン」がいますか?舞台出演する際などにチケットが思うように売れず困っている俳優もたくさんいます。「ファン」がいれば会いに来てくれます。チケットを売ることよりも「ファン」になってもらうために何をするべきかを考えましょう。
自分磨き/ブラッシュアップ

チケットが売れない俳優の3つの特徴。売るために改善すべきこと。

チケットが売れない俳優には、それなりの理由と特徴があります。チケットが売れないということはお客さんがよべないということ。お客さんがよべないということは人気がないということ。人気がないということは俳優としても売れない可能性が高い。チケットを売るなら根本的な改善を。
自分磨き/ブラッシュアップ

チケットノルマに振り回されると友達を失う。売れない俳優の悪循環。

チケットを数多く売りたいが為に、相手のことも考えず、自分の都合だけで案内連絡していませんか?友達や知り合いを「都合よくチケットを買ってくれる人」のような、都合のいい扱い方をしていると友達が減りますよ。自発的に応援してくれるファンを作りましょう。
自分磨き/ブラッシュアップ

俳優としてのセルフブランディング。コアなファンを増やす方法。

一線で活躍し続ける俳優になるには、自分自身を「ブランド化」する事です。ブランドというのはファンにとっては代わりの利かない「絶対的な価値」です。「価値を作り」「価値を伝える」ことがセルフブランディング。価値を伝えて唯一無二の俳優になりましょう!
自分磨き/ブラッシュアップ

俳優としてセルフブランディングする為の準備

一流の俳優になるには圧倒的な存在感と同様に、圧倒的な「オリジナリティ」も必要です。あなたの、俳優としての「オリジナリティ」はどんなところか自覚していますか?セルフブランディングする上で、まずは自分の「強み」をしっかり理解しておきましょう。
自分磨き/ブラッシュアップ

俳優になる為には欠かせないセルフプロデュース

セルフプロデュースという言葉を聞いた事のある人は多いと思いますが、俳優を志す人の中で常日頃からセルフプロデュースを意識して行動できている人がどれだけいるのでしょうか?目指す場所に近づくにはちゃんと狙って行かないと待っているだけでは近づいてきてはくれません。
自分磨き/ブラッシュアップ

俳優になる為のセルフプロデュースとセルフブランディング

セルフプロデュースできない人が俳優を職業にするのは難しいです。もちろんブランディングすることも難しいでしょう。なぜなら、俳優としての自分の良さや強み、他の人にはない魅力に客観的に気づいていない場合が多いからです。良さがわかっていない商品は売れません。
タイトルとURLをコピーしました