知っておくと得する演技の基礎知識

知っておくこと

【揃っていますか?】一線で活躍する俳優に備わっている8つの要素

俳優として一線で活躍するために必要なのは優れた演技力や容姿だけではありません。俳優の演技には人間性や内面が表れます。人として当たり前の礼儀礼節なども 一線で活躍する俳優に必要な要素の1つです。ここでは最低限備えておきたい8つの要素をご紹介します。
練習方法

お金を一切かけずにいつでもどこでも練習できる演技力の高め方。

誰でも簡単にお金をかけずに演技力を高める方法をご紹介します。 自分の意識次第で毎日いつでもどこでもできる練習方法ですし、その効果や反応がリアルに実感できる方法なので意識して演技力を高めていきましょう。
知っておくこと

仕事ができる俳優は感受性が強い!感受性を豊かにする4つの方法。

一流の俳優は感受性が強い。なぜなら、人の気持ちがわからない人に、人の気持ちを演じることはできないから。俳優になるために大事なことは学歴などではなく、様々なことを敏感に、繊細に感じる事のできる豊かな心を育てること。感受性を高める訓練をしよう。
知っておくこと

中卒でも俳優になれる?という心配は無用。学歴よりも大事な9つのこと。

俳優に学歴なんて関係ない!そんな事に悩む前に、俳優にとって大事な9つのことに目を向けよう。高学歴だからといって俳優を職業にできる保障なんてありません。山田孝之さんなどのように中卒で活躍している俳優だってたくさんいます。本当に大事なことを意識しよう。
基本知識

セリフの練習の仕方。ステップ3【表出】と【表現】

同じ出来事でも、人の性格などによってとらえ方も受け止め方もリアクションも違うように、同じセリフでも人によって表現方法はさまざまです。自分の考えや感情をあまり表に出さない人もいます。「どのくらい表に出すのか?=表出」「どんな風に表に現すのか?=表現」を具体的にしていくポイントをお伝えしています。
基本知識

セリフの練習の仕方。ステップ2【内面】

セリフの練習と言っても、台本を読んで書かれている文字を暗記して「はい、終わり!」ではありません。ちゃんと感情や意思が乗っかった「自分の言葉」にするための練習も必要です。役の人物がどういう性格なのか?どんな人物なのかを明確にしていく練習方法を解説しています。
基本知識

セリフの練習の仕方。まず最初にやること。

台本に文字として書かれたセリフを「言葉」に変えるには、覚えた文字をそのまま口にするだけでは、セリフと言えません。セリフを練習する上で、何を意識し、どこに重点を置き、何から始めればいいのかを解説しています。
基本知識

俳優のセリフの覚え方。6つの方法と2つの忘れてはいけないこと。

セリフを覚え方というのは、人それぞれ、様々なやり方があります。セリフは文字を覚えれば終わりではありません。覚えた文字を、感情のこもった「言葉」に変えなければいけません。そのためにはできるだけ早く文字を覚えられるように自分に合った方法を見つけましょう。
練習方法

俳優初心者のための、腹式呼吸の仕方と横隔膜の鍛え方

俳優にとって必要不可欠な「腹式呼吸」ですが、実は「腹式呼吸」も「胸式呼吸」も呼吸の仕組みは同じです。力の入れ方や体の使い方、またバランスの配分が違うだけです。全く別物と考えて難しく考えている人に簡単にわかるように解説しました。シンプルな練習方法も解説しています。
タイトルとURLをコピーしました