テアトルアカデミーの費用が免除される特待生制度についての認識

テアトルアカデミーの費用を免除俳優養成所の評判・口コミ

テアトルーアカデミーの特待生制度や費用の免除について書いたいと思いますが、やはり養成所にかかる費用というのは安くはないので、できるだけ費用が免除されることを期待する人は多いと思います。

これから女優を目指すもえちゃん
これから女優を目指すもえちゃん

そこは決定的なポイントだもんな~。

ただ、費用の免除というのは特別な待遇であり誰でも適用されるわけではなく、文字通り「特別」な人のみに適用されるルールとなっています。

そのことをしっかりと認識しておくことで特待生として優遇される可能性も高くなるので、費用が免除されるように期待するのと同時に自分のどの部分で「特別」だと感じてもらえるかをしっかりと考えておくことが大事です。

■テアトルアカデミーで費用が免除される制度について

まず、テアトルアカデミーの特待生制度では費用の免除の他どのような待遇が受けられるのかという点が気になるかと思いますが、条件や内容については具体的な内容は一切公表されていません。

なのでネット上やSNS、またテアトルアカデミーに通われていた人の話などを基にまとめました。

・特待生制度とは

テアトルアカデミーの費用を免除2

最初に認識しておきたいことは特待生制度というのは、本当に一握りの人だけが受けられる特別待遇だということです。

特別待遇を受けるためには当然ながら何かの部分で「特別」である必要があります。

一番わかりやすい言葉で言うなら「即戦力」になる要素があるということですね。

これから女優を目指すもえちゃん
これから女優を目指すもえちゃん

ごもっともだけど、そう言われるとちょっと自信が…😅

演技力だけでなく現場での立ち振る舞いやコミュニケーション能力など、すぐにでも活躍できる可能性を秘めていることが条件になるのは間違いありません。

大人の場合はもちろんですが、鈴木福くんや芦田愛菜ちゃん、寺田心くんなど子役を代表する俳優を見ていても大人顔負けの堂々たる立ち振る舞いで、話す内容も的確でしっかりしていて自己主張とコミュニケーション能力がありますよね。

これから女優を目指すもえちゃん
これから女優を目指すもえちゃん

たしかに大人顔負けだ。

そのように他者より抜きんでた逸材であることが求められますし、選出するのは子役から大人まで多くの芸能人を輩出してきたプロなので、そんなに簡単には特待生として迎えられることはありません。

その認識を間違わないようにして、特待生として合格することを期待するのと同時に自分に(または我が子に)既にそうした特別な要素が備わっているかどうかということにもフォーカスを当ててみると良いと思います。

・費用が免除される条件は?

費用が免除されるには、主には以下のような条件が必要です。

主な条件
  1. オーディションで特待生として合格する
  2. 芸能の仕事の実績がある
  3. 即戦力として現場に出れるだけの特別な魅力がある

特に特待生枠のオーディションがあるわけではなく即戦力になる可能性が感じられる人には「特待生」としての特別オファーが個別で提案されると思います。

今までにテアトルアカデミー以外の事務所に所属していたり、フリーで活動して芸能の仕事の実績がある場合などはすべて報告するようにした方が良いです。

特待生の条件と言っても数値的なボーダーラインがあるわけではなく、「すぐにでも芸能界で活躍できるだろうという魅力をどれだけ感じさせられるか」だと思っておけば間違いありません。

もう少しわかりやすい言い方をすれば「費用は免除するのでうちの事務所にいてほしい」と思われる逸材でないといけないということですね。

これから女優を目指すもえちゃん
これから女優を目指すもえちゃん

たしかに!自信はないけど、意味はよくわかる。

・入学後にも特待生になれるチャンスはある

今までに撮影現場や舞台の経験などもなく芸能界の右も左もわからないような状態で、すぐに即戦力として活躍できるだけの素質を感じさせるのは簡単ではありません。

ただ、テアトルアカデミーでは入学後にもレッスンでの評価や仕事の実績を通して特待生扱いになることもあるようです。

全くのゼロからのスタートでもそこからの頑張り次第では費用が免除になるチャンスもあるので、最初から簡単に諦めずにまずはチャレンジすることの方が大事です。

とにかく「費用は免除するのでうちの事務所にいてほしい」と思わせることを頭に置いておきましょう。

■特待生として合格するコツや秘訣

テアトルアカデミーの費用を免除4

特待生として合格するシンプルなコツをご紹介します。それは、

「どうすれば特待生として合格できるか?」と考えるより、

「どうすれば、費用はいらないから是非ともうちの事務所にいてください!」と言ってもらうことができるか?

と考えることです。

重要なのは順番です。

自分が受ける待遇を期待する前に、自分が相手に必要だと思ってもらうことが先です。

そう思ってもらえる具体的な強みと自信があれば、特待生として合格する可能性も高いかもしれません。

そうした自分自身の魅力を認識しアピールがしっかりできることも俳優としての一つの素質です。

なぜなら俳優活動をしているとオーディションなどで自分の魅力をアピールしなければいけない場が多いですし、それが仕事に繋がる大きな要素になるからです。

これから女優を目指すもえちゃん
これから女優を目指すもえちゃん

ごもっともすぎる…けど、私の必要と思ってもらえる強みってなんだろ…

■特待生制度の待遇は?

特待生制度の大きな待遇と言えば費用が免除になる点ですが、こちらは「全額免除」と「一部免除」があるようです。

テアトルアカデミーでは何をどうすればどれだけの免除が受けられるのかという基準は一切公表されていないので具体的な内容はわかりませんが、僕が通っていた養成所でも一部免除などがあったので参考までに紹介します。

僕が行っていた養成所では、一般の養成メンバーの上に「研究生」という枠があり定期的に研究生への昇級オーディションが開催され、希望者はそのオーディションを受けて研究生になると月謝などが免除されるというものです。

そのようなことがテアトルアカデミーでもあると思います。

また費用だけでなく、芸能界での実績がある場合などは二次審査免除なども実際にあるようですね。

■まとめ

最後にもう一度、テアトルアカデミーの費用を免除してもらえる特待生制度についてまとめます。

費用を免除してもらえる大きな条件は以下のようなもの。

主な条件
  1. オーディションで特待生として合格する
  2. 芸能の仕事の実績がある
  3. 即戦力として現場に出れるだけの特別な魅力がある

そして、特待生として迎えられたらどのような待遇が受けられるかと言うと、

主な待遇
  1. 費用の免除(全額免除、一部免除)
  2. 二次審査免除

その他にも当然、実績がついてくれば仕事も優先的にバックアップしてもらえるようになったりとサポート面でも強化されるでしょう。

そして、特待生になるために一番大事なことは、

「費用は免除するので是非ともうちの事務所にいてください」

と言われる素質や魅力、存在感を示すのが先だということです。

・特待生になれると期待しすぎない

よく「特待生だったら通おうかな」と言うような人もいますが、そもそも特待生で合格すること自体が普通ではなく特別なことで、人とは違う特別な待遇を受けるということは他者より抜きんでた特別な素質が備わっていることが必須です。

でも、未経験ですでに即戦力として芸能界で活躍できる演技力や人間力、コミュニケーション能力などを最初から備えている人はなかなかいません。

なので最初から特待生になることを意識しすぎたり、期待しすぎないことをおすすめします。

特待生として選ばれるかどうかは俳優としての優劣を決めるものではないので、特に子役の場合などは親が特待生になることを期待するあまりに子どもに過度のプレッシャーを与えないようにも注意してほしいと思います。

最初から過度な期待をして期待通りにならないからといって諦めるのではなく「費用なんて免除するからここにいてね」と言われるような自分へと成長する場ととらえて何事にも希望を持ってまずはチャレンジすることが大事だと思います。


テアトルアカデミーのオーディション応募はこちら

テアトルアカデミー関連

コメント

タイトルとURLをコピーしました