俳優の自主練習とトレーニングの方法

夢をつかめ

俳優を職業にするのであれば、自分自身を磨き続けることは必須です。

現状維持は退化」と肝に銘じ、自分自身の輝きを常にアップデートできるように、自分を磨き続けましょう。

俳優になるためにできる自主練習や自主トレーニングなどをご紹介します。

練習方法

俳優になる為に毎日自宅でできるトレーニング方法
芸能人は皆、人知れず影の努力をしています。あなたは影の努力を続けていますか?何事でも、小さな努力の差が大きな差に繋がります。俳優になる為のトレーニングには様々なものがあります。ここでは自宅で一人でできる俳優としてのスキルアップの方法を解説しています。
滑舌の訓練は口の形と動きを身につけることから。【基本の五十音が大事】※PDF資料あり
滑舌をよくする方法を知っていますか?いきなり早口言葉の練習ばかりしても滑舌はよくなりません。一番急激に滑舌がよくなる方法。それは、口の形を身体に叩き込むこと。つまり、基本をしっかりと叩き込むことが一番早い上達方法になります。簡単な基本の五十音を毎日続けてれば急速にあなたの滑舌はよくなりますよ!
俳優になるための基本の滑舌練習法。北原白秋「五十音」【PDF資料あり】
こんにちは😁 今回は、滑舌の基本トレーニングとも言える、北原白秋の「五十音」を資料にしました。 「あ...
外郎売り(ういろううり)本文【PDF資料あり】
俳優になるための基本的な滑舌や演技力のトレーニングになる外郎売り。自宅でも稽古場でもどこでも練習できるようにPDF資料も用意しましたのでプリントアウトしてご自由にお使いください。何事も基本が一番大事なので最低でも1日1回は練習しましょう!
観劇三昧で自宅で舞台観劇。時間がなくても勉強はどこでもできる。
俳優になるならできるだけたくさん良い作品を観た方がいいことはわかってる!でも、「時間がない」「お金がない!」・・映画であればレンタルや動画配信サービスで観れますが、舞台は??大丈夫!舞台だって自宅で観ることができます!全国317劇団1055作品が観放題!観劇三昧!
俳優におすすめの動画配信サービス。【一流の演技を観て勉強】
実際にセリフを口にしたり体を動かすだけが演技の勉強ではありません。人の演技をしっかりと観て分析することは自分の演技の幅を広げ、知識の引き出しを増やす勉強になります。劇場に行く時間がなくても自宅でしっかり勉強ができる動画配信サービスをご紹介します。
俳優初心者のための、腹式呼吸の仕方と横隔膜の鍛え方
俳優にとって必要不可欠な「腹式呼吸」ですが、実は「腹式呼吸」も「胸式呼吸」も呼吸の仕組みは同じです。力の入れ方や体の使い方、またバランスの配分が違うだけです。全く別物と考えて難しく考えている人に簡単にわかるように解説しました。シンプルな練習方法も解説しています。

自主トレに使える資料集

自宅での俳優トレーニングに使える資料まとめ
俳優になるための自宅での練習やトレーニングに使える資料のまとめです。 ※(各記事にPDF資料あり) 何事...

基本知識

俳優のセリフの覚え方。6つの方法と2つの忘れてはいけないこと。
セリフを覚え方というのは、人それぞれ、様々なやり方があります。セリフは文字を覚えれば終わりではありません。覚えた文字を、感情のこもった「言葉」に変えなければいけません。そのためにはできるだけ早く文字を覚えられるように自分に合った方法を見つけましょう。
セリフの練習の仕方。まず最初にやること。
台本に文字として書かれたセリフを「言葉」に変えるには、覚えた文字をそのまま口にするだけでは、セリフと言えません。セリフを練習する上で、何を意識し、どこに重点を置き、何から始めればいいのかを解説しています。
セリフの練習の仕方。ステップ2【内面】
セリフの練習と言っても、台本を読んで書かれている文字を暗記して「はい、終わり!」ではありません。ちゃんと感情や意思が乗っかった「自分の言葉」にするための練習も必要です。役の人物がどういう性格なのか?どんな人物なのかを明確にしていく練習方法を解説しています。
セリフの練習の仕方。ステップ3【表出】と【表現】
同じ出来事でも、人の性格などによってとらえ方も受け止め方もリアクションも違うように、同じセリフでも人によって表現方法はさまざまです。自分の考えや感情をあまり表に出さない人もいます。「どのくらい表に出すのか?=表出」「どんな風に表に現すのか?=表現」を具体的にしていくポイントをお伝えしています。

 

タイトルとURLをコピーしました