100枚のチケットを売る俳優には誰でもなれる【実践したこと10選】

売り上げ増加自分磨き/ブラッシュアップ

 

こんにちは😁

 

「もっと、たくさんの人に舞台を観てもらいたい・・・」
「個人で100人のお客さんを動員できるくらいの俳優になりたい・・・」
「周りの俳優より頭一つ飛び抜けた存在になりたい・・・」
「舞台に出演して出演料がもらえるような俳優になりたい・・・」
「小劇場を卒業して次のステップに行きたい・・・」
「もっと大きい(大規模の)舞台に出演したい・・・」

 

このようなことを考えたことはありませんでしょうか?

俳優として生計を立てられるようになる」のを目的としている人であれば、常に考えていると思います。

舞台を愛する俳優の多くは、お金のために芝居をやっているんじゃない、という人だと思います。

また、最初はそのくらいの気持ちがないと続けられない世界でもありますよね。

でも、いつまでもそうとは言っていられない。

舞台に出演して報酬をいただくと言うのは、俳優としての価値を認められた1つの評価であることに違いありませんので、やはりその部分でも評価されたいものです。

これから女優を目指すもえちゃん
そうですよね。それだけの価値があると認められなければ報酬もいただけないですもんね💧 

なので今回の記事では、個人で100人以上のお客さんを動員できる俳優になるために 具体的に何をするべきかをお伝えしたいと思います

これは、2、30人ほどしか動員できなかった僕自身が、100人以上のお客さんを動員できるようになるまでに実践し、実際に効果のあった方法ですので、よろしければ是非参考にしていただければと思います。

 

誰でも個人で100枚のチケットは売れる

グッド

 

小劇場など小規模な舞台で活動をしている俳優が動員するお客様の数は、平均して2、30人ほどです。

それが平均的であり、普通だと思っている俳優も多いと思います。

でも、それだけの集客力では俳優として生計を立てることは確実に無理です。

演技力だけでなく「集客力」も俳優としての大きな評価の対象です。

なぜなら、

集客力がある = ファンが多い = 人気がある

と、なりますので、「人気商売」でもある俳優にとっては、当然と言えば当然の評価ですね。

また、主催者や制作サイドからしても、より多くのお客さんを動員してくれる俳優の方が収益的にも非常にありがたい存在であることは言うまでもありません。

なので、2、30人ほどの集客で「普通」と思わずに、やはり100人以上の集客は目指したいところです。

でも実は、考え方と行動を少し変えるだけで、誰でも100人以上のお客さんを集客できるようにはなります。

「そんなわけないじゃん・・・」
「誰でも100人動員できるなら、なんで2、30人程度が平均なの?・・・」

などと、思った人もいるかもしれません。

が!

そう思った「思考」自体が、結果を生み出している。と言えます。

もちろん、行動を何も変えないで、工夫も努力もなしに簡単に100人以上のお客さんを動員できるようにはなりませんが、思考と行動を変えれば必ず誰でも100人ほどのお客さんを動員することはできます。

そのためにはまず、「そんなわけないじゃん…」と思ってしまった人がいたとすれば、それがあなたの中での「常識」なので、それを変える必要があります。

俳優を志して10年目のアッチ
ヤバい…思ってしまった💬 

チケット100枚売るなら自分の中の常識を見直すべし!

常識は1つ?

 

僕が、本気で「100枚以上のチケットを売れる俳優になる!」と思ってから、1年ほどで実際に100人のお客さんを動員できるようになったのは、まず、自分の中の常識を見直したからと言えます。

というか、僕の場合は、自然と常識が塗り替えられたという方が正しいですね。

それまで小劇場で活動していた僕が、商業舞台の座組みに入り、普通に100人以上のお客さんを動員する俳優たちを目の当たりにしたことで、当たり前のように自分の中の「普通」が塗り替えられました。

これから女優を目指すもえちゃん
実際に100人以上のお客さんをよべる俳優さんを見たらリアルに実感できそうですね😄 

今、もしも2、30人ほどの動員が普通だと考えている人がいれば、視野を広げてください。

視野を広げて、今より少し大きな規模で活動している俳優たちに目を向けるだけでも、100人以上のお客さんを動員する俳優はゴロゴロといます。

あなた自身が目指している「理想の俳優像」では、どうでしょうか?

2、30人のお客さんを集客する俳優が理想でしょうか?

それとも、あなたは100人以上のお客さんを普通に動員できる俳優になることが理想でしょうか?

もしも100人以上のお客さんを「普通に」動員できる俳優になるのが目的であれば、実際に100人以上を動員する俳優たちに目を向けるようにしましょう。

そうすれば、

「本当に100人動員できるんだなぁ~」
「これが普通なんだ・・・」

と思えるようになってきます。

もちろん、2、30人の集客力の俳優と、100人以上のお客さんを集客する俳優たちでは、行動自体に大きな違いがありますので、100人以上動員できることを実感しただけで集客力が上がるわけではありません。

ただ、自分の中の「常識」や「普通」を塗り替えられたら、あとはその行動を真似るだけで、あなたも普通に100人以上のお客さんを動員できる俳優になります。

なぜ動員人数が少ないのか?

はてなマーク

 

「集客力がない」「動員人数が少ない」その理由について十分に理解しておかなければ、同じことの繰り返しや、よくない行動を取ってしまう場合がありますので、繰り返しになりますがここでもう一度まとめておきます。

もしも、自分にそれほど集客力がないと感じている人は、「なぜ動員人数が少ないのか?」を自分自身で考えてみてください。

一度自分で考えた後で、ここから下を読み進めてください。

自分自身で自分の思考や行動を見つめなおし、疑問を持つクセをつけておかないと、自分自身で解決していく力がつきませんので、まずは自分で考えてみることをおすすめします。

よくない行動というのがありまして、こんな俳優は一番嫌われるよという記事をまとめていますので、合わせてそちらも確認してみてください。

 

⬇️⬇️動員人数が少ない理由⬇️⬇️

  • 自分自身の基準が低い(少ない動員数で普通と思っている)
  • 周りに集客力のある俳優がいない(高い基準が普通と思っている人がいない)
  • 集客活動に工夫がない
  • 集客活動の努力が足りない
  • 集客活動は知り合いにメールやLINEをするだけ
  • ファンが少ない(人気がない)
  • 応援してくれる人が少ない
  • そもそも友達や知り合いも少ない

 

自分に当てはまる原因を理解しておくことで、最短で改善していく方法も見えてきます。

たとえば、まだ上京したての人などは、そもそも東京に知り合いも少ないという人もいます。

東京での友達や知り合いも少ないうえに、まだ俳優活動も始めたばかりでファンもいない。

このような人は難しく考える必要はまったくなく、一生懸命に演技力を磨く努力をするのと同時に、友達や知り合いをたくさん作って、応援してもらえるような人間関係を築くことだけをまずは考えるべきでしょう。

でも、もう東京在住も俳優活動も10年以上という人が「友達や知り合いが少ない」というのであれば、これは少し問題ですよね。

自分の日常的な行動を見つめなおし、積極的に人と出会ったり、また知り合った人に「応援したい」と思ってもらえるような人間力を磨く努力をしたり、これまでの活動を何かしら改善する必要があると思います。

俳優を志して10年目のアッチ
知り合いだけは多いのに、動員人数は少ないっていう自分…一番の問題だな…😰 

このようにして、自分にとって何が「動員の少ない原因」になっているのかを、まず考えてみましょう。

チケット100枚売るために簡単にできる行動【10選】

一致団結した行動

 

それでは、僕が商業舞台の座組みに入り、100人以上のお客さんを動員する俳優たちの思考や行動を間近で観察し、実際に真似して実践したことを10個書きたいと思います。

小劇場で活動していた頃は、多いときでも30~40人ほどしか動員できなかった僕が、1年後には100人以上動員できるようになった、実際に効果があったものに厳選してお伝えしますので、これだと思うものがあれば是非取り入れていただき集客力アップに繋げてください。

 

⬇️⬇️チケットを100枚以上売れる俳優が実践したこと10選⬇️⬇️

  1. ▶️知り合い全員の誕生日一覧表を作って毎日チェックしてはお祝いメッセージを送った。(なるべくSNS経由ではなく直接)
  2. ▶️知り合いには月に1回、「お元気ですか?」などのたわいもない連絡を入れるようにした。
  3. ▶️同業者の場合は、可能な限り舞台などを観に行くようにした(観に行けないときは差し入れかお花)
  4. ▶️同業者じゃない場合は、お店やサービスなど、その人の仕事に関わることを利用。
  5. ▶️習い事を増やし、圧倒的なレベルアップに努めた。
  6. ▶️俳優としてだけではなく、人としての成長が自分の魅力を増す要因になると信じて、素晴らしいと思える思考や行動を積極的に取り入れるようにした
  7. ▶️しっかりと自分をブランディングするために公式のHPを作ってメディア化し、業務的な発信はそこで発信することにした(SNSなどでのあからさまな仕事アピールやリア充アピールは変な必死感が出て痛々しい)
  8. ▶️人に「ファンになりたい」と思ってもらえるような人物になると決め、身だしなみにも気を配る努力をした(服装や髪型、仕草、言葉など)
  9. ▶️舞台や自主映画の上映会などに足を運んでくれた人に、必ずあとで丁寧なお礼メッセージを送るようにした。(手書きの手紙でもOK)
  10. ▶️ちゃんと仕事を通しての夢や目的を持って夢中になっている人の方が人に応援してもらえると信じて、「売れる」ことよりも「仕事を通しての夢や目的」に情熱を持てるように努めた。

 

他にもやれることはたくさんありますが、ここに挙げた10点は、誰にでもできる簡単なことばかりです。

何でもいいので、取り入れられるものから実践してもらえば応援してくれる人が増え、動員人数の増加に繋がります。

特に、やめておいた方がいい行動として、「舞台の公演案内などの時だけしか連絡しない」という行動。

これは本当に嫌われます。

反対に考えてみても、友達や知り合いが自分の仕事の「新商品が出たときの案内」や「新サービスの勧誘連絡」だけしか連絡してこなかったらどうでしょうか?

逆の立場で考えればわかることでも、それをやってしまう俳優が本当に多いので気をつけましょう。

俳優を志して10年目のアッチ
心に突き刺さる…思い当たり過ぎる…😰 

関連する記事

 

でも、正直言っておきますと、自分の身近な後輩俳優などにも今まで同じように、

「こうしたら応援してくれる人が増えたよ」
「積極的に、今度の舞台はいつ?って聞いてくれる人が増えたよ」

などとアドバイスしてきましたが、実際に動員数が驚くほどグッと増える人と、まったく効果のない人がいました。

同じようにアドバイスしたのに、です。

その違いは何か?

実際に行動したか?しなかったか?です(笑)

それだけです。

簡単なことなんですが、徹底してやり続けるのは、相当難しいようです。

なので、こうした行動を取り入れていくうえでの注意点を5つ。

  • ①本気で100人動員できる俳優になりたいと思ったらやる(先に常識の塗り替え)
  • ②俳優を職業にしたいと本気で思ってない人には難しいかも
  • ③完璧主義にならない(できることからコツコツと)
  • ④人と比べない(今より1人でも多くの人を動員できたら進歩です)
  • ⑤チケットを売ることが第一優先にならない

まとめ

最後にもう一度言いますが、

個人で100人以上のお客さんを動員することは誰にでもできます。

そのためにやるべきことも意外と簡単です。

ただ、実際に100人以上のお客さんを動員する俳優たちを観察し、自分でも100人以上のお客さんを動員できるようになった経験談から言うと、絶対に必要なのは、「マメさ」です。

丁寧な人付き合いや人間関係の築き方に一番大事だと思ったのは、「マメさ」でした。

これから女優を目指すもえちゃん
確かに誰からも好かれて友達の多い人ってマメな人が多いですね😊 
俳優を志して10年目のアッチ
マメさとは、とことん程遠い…😵 

リアルな体験談として、100人以上のお客さんを動員する俳優たちは「気配り上手で、即行動に移せる人」がとっても多いです。

もちろん今までやってこなかった人が、いきなり全てを的確に、そして完璧にこなすのは簡単ではありません。

でも、焦らずに、少しずつ変化していく自分と、自分を取り巻く環境や人の変化を楽しみ、そして何より少しずつ確実に増えていく動員人数に喜びを感じながら、行動を実践してください。

きっと、近い近い未来。

あなたは、100人以上のお客さんを普通に動員する俳優になっています✨

つまりそれは、それだけ多くの人が積極的に「応援したい」と思ってくれる、魅力的な俳優へとあなたが変わっていくということです😁

コメント

タイトルとURLをコピーしました