俳優になる為にまず最初に知っておくこと。

知っておくこと

 

こんにちは😁

 

「俳優になる」(=芸能人になる)という夢を持つのは、とても素敵な事です。

 

また、人生の中での素晴らしい挑戦との出逢いだと思います。

 

僕自身は、プレイヤーとして表に立つことからは退きましたが、約20年の俳優活動を通して、本当に人生の様々なことを教わったと思っています。

 

なので、出る結果がどのような形でも、あなたにとって無駄な経験などひとつも現れないので、安心して挑戦してほしいなと思います。

 

俳優仲間の中には、僕と同じくプレイヤーを退いた人は数多くいますが、その反面で、今では誰もが知る俳優になった仲間も数名います。

 

また、路線を変えて脚本家や演出家、監督などになって一線で頑張っている仲間もいます。

 

そうして、「売れた人」「売れなかった人」、様々な人を見てきた経験と、自分自身の実体験を通して、 1つ言えることがあります。

 

それは、夢を実現するのは簡単なことではないですが、その工程自体は非常にシンプルで簡単なものだということです。

 

今回の記事では、その、夢を叶えるための簡単な工程と共に、これから俳優を目指す人が最初に知っておくべきことをお伝えしたいと思います。

 

きんちゃん
この工程に沿って進めていくと最短で目的を叶えられます👍
これから女優を目指すもえちゃん
その工程、すごく知りたいです😊 

 

■俳優になるための4つのSTEP

 

俳優を職業にするための工程は、大きく分けて4つのステップしかありません。

 

これから女優を目指すもえちゃん
4つ❗️❓ 

 

俳優になる為の4つのSTEP
    • STEP1:明確な目的地を決める。「理想の俳優像」
    • STEP2:現在地(スタート地点)を知る。「今の自分」
    • STEP3:必要なことを知り、ギャップを埋める「取捨選択&実行」
    • STEP4:自分の存在を世に広める「認知拡大」

 

簡単に言えば、俳優になるためのステップは、この4つのみです。

 

このステップに沿って行動を起こしていけば、間違いなく、あなたにとっての「最短距離」で夢を実現できます。

 

最初は、芸能事務所に入るべき?養成所?それとも劇団?専門学校?どうすればいいの?

 

など、具体的な疑問もたくさんあると思います。

 

ですが、それも「何を目指すのか?」「どこを目指すのか?」など、「目的地」が明確になっていれば、おのずと進む方向性が絞られます。

 

たとえば、映画俳優を目指しているのに、一番最初に「劇団」に入るのは、よほど特別な理由がないのであれば少しだけ路線がズレていると思いませんか?

 

これから女優を目指すもえちゃん
ちょっとズレてる気が…💧

 

本当に映画俳優を目指すのであれば、映画のオーディションを受けるなり、映画監督のワークショップを受けてみるなり、映画業界に強い芸能事務所に入るなり、「映画」に近づくための選択をした方がいいでしょう。

 

このように、自分がどこを目指すのかが明確であれば、アクションの起こし方も自然と明確になります。

 

なので、「何をすればいいの?」「どう進めばいいの?」と迷ってしまう人は、まず先に、自分自身が「何をしたいのか?」「どこに進みたいのか?」を明確にすることの方が、実は最重要なんですね。

 

「目的地」がハッキリと決まっていない人に「どう行けばいい?」と道を聞かれても、返答に困りますよね?

 

これから女優を目指すもえちゃん
「どこに?」って聞き返しますね(笑)

 

ワークショップでも「俳優になりたいのですが、どうすればいいですか?」 などとよく質問されますが、それは「東京に行きたいのですが、どうすればいいですか?」という質問と同じで、やはり「東京の、どこに?」となってしまいます。

 

自分自身がどうなりたいのか、その明確さによって、最低限、磨かなければいけないスキルだって具体的になってきます。

 

たとえば、ミュージカル俳優を目指すなら、歌は確実にレッスンを受けた方がいいでしょう。

 

でもミュージカル以外のジャンルを目指すのであれば歌は必須ではないかもしれませんね。

 

このようにしてステップに沿って考えることで、その次のステップはどんどん明確になってきますし、「何をすればいいのか?」「どう進めばいいのか?」で、迷うことはなくなります。

 

それこそが「一番の最短コース」です。

 

まず、その事を認識して、1つ目の「理想の俳優像」を明確にイメージしてみてください。

 

これからのあなたの指針になるので、ゆっくり時間をかけてじっくりと考えてみてくださいね。

 

関連する記事

俳優になるためのSTEP1。目的地を決める

 

■俳優になる夢を追いかけている人のリアルな現実

 

俳優になる夢に向かって走り出してしまうと、それはもう「夢」ではなくなります。

 

「リアルな目標」であって、現実的な「目的地」となります。

 

そこで、現実的に「目標を達成」するためには、実際に俳優を志している人のリアルな現実を知っておくことも大事だと思います。

 

・俳優を志す人の9割は夢が叶わない

 

 

絶望

 

 

これは俳優だけでなく芸能界全般に言えることですが、「夢破れる人の方が圧倒的に多い」というのが現実です。

 

厳しい現実を突きつけるようですが、俳優を志す人のほとんどは「夢が叶わない」のです。

 

多くの人は、いつか、俳優を志すのを辞めていきます。

 

その数は、俳優を生涯の仕事にできる人に対して、圧倒的に多いです。

 

これから女優を目指すもえちゃん
そ、そうですよね。わかってはいましたけど・・・😰

 

もちろん、これはあくまでも、

 

俳優として収入を得て、生計を立てる

 

という、俳優を職業にするという夢に対してです。

 

俳優を仕事にしようと考えていなければ、そこはあまり気にしないで良いと思います。

 

実際、僕の先輩にも、俳優を職業にしているわけではないですが、それでも、幸せに演劇活動をしている人がいます。

 

夫婦共に生業を持ちながら、「趣味」として演劇活動されている先輩です。

 

奥さんが台本を書いて旦那さんが演出をして、年に1回だけ気の合う役者仲間を集めて舞台公演をしたり、個人活動としては、時々エキストラのような感じでTVや映画にも少しだけ出たりして、本人たちはそれで十分で、「贅沢な趣味」と断言して、楽しそうに好きな芝居をしています。

 

僕は、それはそれで一つの形として有りだと思います。むしろ最高の趣味であり娯楽ですよね。

 

これから女優を目指すもえちゃん
確かに、仕事じゃなくても、趣味としてずっと続けることはできますもんね。
きんちゃん
そうですね😉 

 

ただ、俳優を「仕事」にするのなら、そうは言っていられません。

 

目的は「続けること」や「楽しむこと」ではなく「仕事にする」「職業にする」ことなので、行き当たりばったりではなく、真剣に考えて計画を練っていく必要があります。

 

もちろん、モチベーションを維持するためであったり、努力を継続するコツとして「楽しむ」ことは非常に大事なことではありますが。

 

計画を練ってしっかりと目的を達成するために、4つのステップに沿って進んでいけば確実に仕事にできる確率は大きくアップしますので、しっかりと準備をしながら楽しく進んでいきましょう。

 

・俳優を志す人の現実の生活

 

窓拭きしている人

 

芸能事務所に所属しているか、劇団に所属しているか、それともフリー(無所属)で活動しているかによっても多少の状況の違いはありますが、俳優を目指す人のほとんどが、アルバイトなどで生計を立てながら俳優業との両立をしています。

 

そして習い事やレッスンなどを受けながら俳優としてのスキルアップに努め、オーディションの機会を待ちます。

 

活発に舞台活動をしている人などは、主に小劇場と呼ばれる小規模の舞台などを主戦場として活動している人もいます。

 

そして舞台の稽古が始まると、アルバイトと芝居の稽古の両立という怒涛の日々の繰り返しになります。

 

これから女優を目指すもえちゃん
何だか大変そう…😅

 

 

俳優になりたいと頑張っている人の中には、生まれ育った地元、親元を離れ、覚悟を持って頑張っている人もいますし、期間を決めて夢を追いかけているような人もいます。

 

いろいろな事と引き換えにして、寂しい思いやリスクを抱えて頑張っている人にとって、なによりも、必ず、夢を叶えたいですよね。

 

その為にも、夢が叶い、俳優としていろんな作品に出演している自分を明確にイメージしながら、絶対に叶えるんだと固く誓って、気合いを入れて乗り越えていきましょう。

 

■俳優の種類を知る

 

「俳優になりたい」という人の中には、まだイメージが漠然としていて、何がやりたいのかわからないと言う人も少なからずいます。

 

「映像がやりたいですか?舞台がやりたいですか?」と聞いても、「う~~ん・・・」となってしまいます。

 

そこで、俳優にもいくつかのジャンルや種類がありますので、最初にそれは知っておきましょう。

 

主な俳優の種類

  • 映画俳優
  • TV俳優
  • 舞台俳優

 

上記3つが、主な俳優の種類となります。

 

更にもっと細かく分類すると、同じ舞台でも時代劇とミュージカルなどは全然違いますね。

 

他にも大衆演劇と呼ばれるジャンルなどもあれば、テーマパークなどでパフォーマンスするアクターもいますので、細分化すればジャンルはどんどん広がりますが、大きく分類すると上記の3種類となります。

 

これから自分の職業にしようと思っている業界の事なので、ドラマや映画はもちろん、舞台なども可能な限りたくさんの作品を観て、積極的に知識を深め、視野を広げていきましょう。

 

■仕事の「本質」を理解しておく

 

「俳優になる」「芸能人になる」というと、どうしても「夢」として語ることが多いですが、実際それを職業としている人にとっては、普通に「仕事」であることに変わりはありません。

 

「仕事」に対するイメージは人それぞで、「大変」「しんどい」「つらい」など、ネガティブなイメージを持っている人もいるかもしれませんね。

 

反対に「夢」というと、「好きなこと」「希望」「ロマン」「楽しい」といったポジティブなイメージを持っている人も多いでしょう。

 

でも、芸能界という「夢」の世界であっても、好きな俳優という職業であっても、もちろん「大変」なことはありますし、「しんどい」こともあります。時には「つらい」事もあるかもしれません。

 

反対に、どんな仕事の中にでも、「楽しいこと」「希望」「夢」などを持つこともできます。

 

要するに、そういった部分では他の仕事となんら変わりない、という事ですね。

 

これから女優を目指すもえちゃん
好きなことだからって楽しいことばかりではないということですね☝️ 
きんちゃん
そうですね😉 

 

俳優という仕事の中にも「果たさなければいけない使命」や「仕事としての義務」は当然ありますので、しっかりと現実的に1つの「仕事」として理解し取り組む必要があります。

 

ですので、「仕事の本質」をしっかり理解しておくようにしましょう。

 

関連する記事

仕事の「本質」を理解する。俳優として売れない人の問題点

 

■まとめ

 

芸能界は華やかな世界であり、華やかな仕事である事は間違いありませんが、それは表面的な一面です。

 

俳優は、1つ1つの作品を作り上げる工程や、自分自身のスキルアップ(価値向上)に努める段階では、人知れず黙々と地道な作業の連続です。

 

これは、どのような仕事でも同じですね。

 

なので、そうした地道な作業や日々の努力を怠ることはできませんし、それこそが俳優として「延々と続く」仕事の一環だということだけは、最初に理解しておきましょう。

 

それを十分に理解し、「4つのステップ」を効率よく進めていくことで、目標を実現する可能性は大幅にアップされます。

 

4つのSTEP

  • STEP1:明確な目的地を決める。「理想の俳優像」
  • STEP2:現在地(スタート地点)を知る。「今の自分」
  • STEP3:必要なことを知り、ギャップを埋める「取捨選択&実行」
  • STEP4:自分の存在を世に広める「認知拡大」

 

まず、「走り出すための準備」を整えたら、力強く1歩足を踏み出してみましょう。

 

そして、「理想の俳優像」に少しずつ近づいていく自分自身を楽しみながら、どんどん前進していってください。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました