芸能人になる為の準備はできている?俳優は芸能人。

知っておくこと

 

木を見て森を見ず

 

このことわざは一本の木に心を奪われて森全体が見えていない状態という意味だそうです。

 

俳優を志す上でも気をつけたいことわざですね。

 

「俳優になる」という事は、言い換えれば「芸能人になる」という事ですが、俳優を目指していても「芸能人になる」ことを日頃から意識して行動している人は意外と少ないです。

 

これもある意味「木を見て森を見ず」な状態だと言えます。

 

 

演技力を高める為の意識は持っているけど、「芸能人らしい」服装や身だしなみ、そして仕草や立ち居振る舞いについてはあまり意識していない。というような状態ですね。

 

これから女優を目指すもえちゃん
思いっきり当てはまってる・・・😅

 

「俳優を仕事にする」という事は、当然の流れとして「芸能界の住人になる」ということでもあります。

 

つまり、プロの俳優を目指しているあなたは芸能人になる人です。

 

これから女優を目指すもえちゃん
う、うん…まー、たしかに…😅

 

なので、「芸能界」や「芸能人」についてもっと意識を向けてみると、視野が広がり、自分に何が足りなくて何が必要なのか、また自分がどう動くべきかがわかりやすくなるかもしれません。

 

今回の記事ではそういった観点から、芸能人になる為に意識することや芸能人思考について解説します。

 

■俳優は芸能人

 

ワークショップに参加してくれる人に「芸能人になる事を意識していますか?」と聞くと、

 

俳優になりたいとは思っているけど《芸能人になる》というように強く意識した事はあまりないです

 

というような声が聞かれます。

 

もちろん俳優になるんだから「俳優になりたい」で間違いないんですが、俳優も芸能人です。

 

自分がその「芸能人」になるんだという事をしっかり意識し、あなたの中での「芸能人とは?」という部分を明確にしておきましょう。

 

・芸能人とは何か?

 

「芸能人とは?」と、聞かれてあなたは何と答えますか?

【芸能人とは】
芸能を職業とする人。本来「観客の前で芸を披露することをなりわいとする人々」を指す。

引用 Wikipedia

 

Wikipediaでは「芸能人」について上記のように記載されています。

 

「観客の前で芸を披露することを生業とする人々」

 

俳優で言うならば、演じることが「芸」ですね。

 

でも、今までレッスンも受けた事がなく俳優になる為の勉強をほとんどした事がないような人でも、オーディションに受かれば映画やTVドラマ、舞台に出演する事は可能です。

 

中には初めての出演でセリフまで与えられる場合もあります。

 

ただ、単発ではなく継続して仕事に繋げていくためには確かな「芸」が必要になってきます。

 

そうでなければ生業(職業)にはできません。

 

主要キャストではなく「脇役」と呼ばれるような俳優であっても、しっかりと俳優を職業にしている人は、物語を確実に彩っていく「職人芸」を持っています。

 

この場合の職人芸は「その人にしか出せない味」ですね。たとえ脇役であっても、代わりのいない、味のある俳優は必ず需要がありますのでコンスタントに仕事が入ってくるでしょう。

 

これから女優を目指すもえちゃん
たしかにそういう脇役の人って存在感が半端ないよね…😲

 

そうした「職人芸」を手に入れようと思うと、やはり日々の積み重ねが重要です。

 

俳優としてのスキルアップの為の勉強や訓練はもちろん、技術面だけでなく感性や思考などを磨くことにも、日常的に意識を持っておくことが大事です。

 

そうしたことが自然に身についている人が「芸能人」と呼ばれる人達でしょう。

 

・芸能人になるという意識を持つ

 

僕はワークショップに参加してくれた人たちにまずは「俳優になる」という意識と同じように「芸能人になる」という意識も持つようにすすめています。

 

  • 「職人芸」を身につけた人
  • その「芸」で視聴者や観客を魅了する人

 

「芸能人になる」という意識を持つことで、本当の意味で自分が俳優としてどんな風になっていきたいのか?どんな風になっていかなければいけないのか?を常に再認識する事ができるからです。

 

これから女優を目指すもえちゃん
「芸能人になる」って考えると気が引き締まると言うか、仕事として現実的な気持ちになりますね🤔

 

■そもそも芸能とは?

 

【芸能とは】
芸術の諸ジャンルのうち人間の身体をもって表現する技法のこと。

引用 Wikipedia

 

そもそも「芸能」とは「人間の身体をもって表現する技法」とあるように、俳優にとっては顔の表情や声、セリフはもちろん、たとえば立ち姿一つとっても極めることが大事であり、動作や行動の全てが「芸」と言えます。

 

 

ここで面白い実例を一つご紹介します。

 

今現在、第一線の俳優として活躍している仲間の話です。

 

その彼は俳優活動を始めた頃から、生活の中での動作全てにおいて「左右交互」に行っていたんです。

 

「右手で文字を書いた次の機会には左手で書く」「朝ごはんは右手で箸を持って食べたなら、昼ご飯は左手で箸を持って食べる」など、生活の中での行動全てにおいて右と左で順番に。

 

あるとき、「なんでそんな事してるの?」と聞きました。

 

役によって右利き左利きを、使い分けられるようになりたいんだよねー

 

という答えが返ってきました。

 

 

もちろんそれほど頻繁に使い分ける機会はないし、使い分けなくても演技はできますよね。

 

「すごいな~」と感心はしたものの、自分の行動には取り入れなかった僕。

 

そして、ずーっとやり続けた彼。

 

その結果は…

 

彼は今、多くの人が知る俳優として活躍しています。

 

もちろん、右利き左利きを使い分けたからといって誰もが俳優として売れるというわけではありません。

 

ただ、「職人芸」というのは、そうした毎日の小さい小さい積み重ねの上に成り立っているという良い実例です。

 

これから女優を目指すもえちゃん
工夫一つで生活の全てが俳優としての向上に繋がるんですね😊
きんちゃん
ちょっと意識しているかしていないか、だけですよね😉

 

俳優にとっての「芸能」とは、そのように日常的な行動の全てを「芸」に変える事ができるほど、幅の広い分野だと言えます。

 

なので万が一、現時点では「自分には特技と呼べるものもないし、自慢できる取り柄もないし…」と思っている人がいるとしても大丈夫です。

 

スキルアップの為の勉強や努力は必要ですが、「芸」に変えていける要素や素材は既に誰にでも備わってますので、まずは日常的に意識を持つことから始めてみましょう。

 

・そして、芸脳人とは?

 

売れる俳優というのは日常の全てにおいて、俳優であるための意識をしています。

 

先ほどの例のように行動の全てを左右交互にやってみるのもいいですし、電車の中や待ち合わせ場所など、ガラスに映った自分の立ち姿を見る機会があれば意識してみるのもいいかもしれません。

 

デート中のご飯の食べ方なども俳優として恥ずかしくない食べ方をしているか?などを意識してみるのもいいかもしれません。

 

唐沢寿明さんは駆け出しの俳優だった頃、日常の中で「日によって血液型の違う性格を演じていた」とおっしゃていました。

 

これから女優を目指すもえちゃん
それ、すごく面白い発想ですね☝️たしかにちょっとしたことで「〇型っぽい人だな~」とか印象を持ったりしますもんね🤔
きんちゃん
そうですね。本当にいくらでも実践的な工夫ができますよね😄

 

日常の全ての場面において「これが映画やドラマの撮影のワンシーンだとすればどうするか?」と考えるだけでも、仕草や立ち居振る舞いが違ってくるでしょう。

 

そうした少しの意識の差が、後々の大きな差に繋がります

 

意識とは、思考であり、脳で考えていることです。

 

つまり「」を仕事にできる人は「芸を磨くこと」「芸を向上させること」ばかり考えています。

 

その為に生活が回っていると言っても過言ではないくらいに「」について考えています。

 

それが《芸脳人》です。

 

これから女優を目指すもえちゃん
なんだか日常の生活の中から改善できることがたくさんある気がしてきました✊

 

「芸」がなければ「芸能人」にはなれません。

 

でも、誰でも、今すぐに《芸脳人》にはなれます。

 

芸能人になる為の「思考」や「考え方」にはいつでも変換していけるし、たった今から、日常の行動全てにおいて俳優や芸能人である事を意識して行動する事はできますよね?

 

これから女優を目指すもえちゃん
もう既に売れてる女優として振る舞ってみよ😋

 

■まとめ

 

「俳優になる」とは芸能界の住人になる事だと再確認できたでしょうか?

 

プロの俳優になろうとしているあなたは「芸能人になる人」です。

 

今回の記事では、その為に必要な考え方や意識についてお伝えしました。

 

  • 芸能人とは、芸能を職業とし、本来「観客の前で芸を披露することをなりわいとする人々」
  • 芸能とは、「人間の身体をもって表現する技法のこと」

 

そして、芸脳人とは、

 

  • 「芸」を磨くこと
  • 「芸能人」であること

 

を、起きている間中、ずっと考えているような人です。

 

その為に生きている人。

 

なぜなら、それが「仕事」であり、「芸」があってこその「芸能人」だからです。

 

役の為に「右利きと左利きを自由に使い分ける」だけでも十分に職人芸ですよね。

 

役に合わせてストイックに体重を増減するのももちろんプロの職人「芸」です。

 

設定した血液型に合わせて性格や行動、雰囲気を変えて振る舞ってみるのもまさに「職人芸」です。

 

俳優を仕事にする為にたった今から、日常の全てにおいて芸能人になる為の(既に芸能人だと思って)行動を意識してみましょう。

 

そして職人と呼ばれるような俳優になる為に邁進しましょう。

 

これから女優を目指すもえちゃん
よーし☝️まずは今日から左手でLINE打ってみよ(笑)

 

 

関連記事
俳優になるためのSTEP1。目的地を決める
映画に出るのが夢なのに実際には舞台ばっかりやっているなど、目的と実際の行動にズレが生じている人が多いのが現実です。それは霧のかかった山の麓をグルグル回っているのと同じで目指す山頂には近づいていない事もあります。しっかりと目的地を見て進みましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました