衣装を安く調達するために知っておくと便利なオークションサイトやフリマアプリのまとめ

服衣装

 

自前の衣装が必要になった時に激安で調達する5つの方法という記事で、できるだけ衣装で使う服を安く調達する方法をまとめましたが、今回はその中のオークションサイトやフリマサイトについてまとめました。

舞台や撮影などで衣装として使用した服はそのあと私生活ではあまり着ないような服も多いので、できるだけ安く調達したいところですね。

■安く服を買うために知っておきたいオークションサイト

オークションサイトやフリマサイトは買うだけでなく、不要になった服を売ることもできるので知っておくと便利です。

①ヤフオク!

ヤフオクTOP画面

言わずと知れた、日本最大級のオークションサイト「ヤフオク!

利用者が一番多いということはもちろん出品数も圧倒的に多いので、目的の商品を見つけやすいです。

何より、買うだけなら月額利用料などもかからないので安心です。

ちなみヤフオクには「フリマモード」もあります。

フリマモードでは即決価格で出品している商品だけを検索できますので、すぐにGETしたいときはフリマモードで商品を探すと便利です。

ヤフオク利用料

出典:ヤフオク公式サイトより

ヤフオク公式サイト

ヤフオク!

ヤフオク!
posted withアプリーチ

②モバオク!

モバオクTOP画面

モバオクはヤフオクにつぐ国内最大級のオークションサイトです。

モバオクを利用するにあたっては、すべての会員が有料登録となり、月額利用料324円(税込)※iTunes決済・GooglePlay決済利用時は360円(税込)がかかります。

モバオク利用料

出典:モバオク公式サイトより

モバオク公式サイト

モバオク 手数料無料の簡単オークションアプリ・フリマアプリ

モバオク 手数料無料の簡単オークションアプリ・フリマアプリ
posted withアプリーチ

③Brandearオークション

BrandearTOP画面

Brandearオークションは、ブランド専門のオークションサイトです。

役によっては高級ブランドのアイテムを持ちたい場合もあるかと思います。

そんなときにブランドアイテムのオークションサイトを知っておくと、思わぬ商品が破格の料金で買えることもあります。

Brandearオークションでは、「自宅で試着サービス」というのがあって、対象の商品を10日間ほど実際に使用してから購入を検討することもできます。

Brandear試着サービス

出典:Brandearオークション公式サイトより

Brandearオークション公式サイト

④セカイモン

セカイモンTOP画面

世界最大級の海外オークションサイトに「eBay」というオークションサイトがあります。

商品数は6億点以上をほこり、世界のヤフオクといった存在ですね。

そしてセカイモンは、そのeBayの公式日本語サイトになります。

海外のオークションサイトということで英語やトラブルが不安だという人の為に生まれた日本人向けサイトなので、徹底した日本語サポート対応をしてくれます。

出品者への質問なども代行してくれますので安心ですね。

海外取引きが不安な人でも初めての人向けページを見ればその簡単さがわかると思いますよ😄

セカイモン公式サイト

⑤Yahoo!官公庁オークション

Yahoo!官公庁オークションTOP画像

官公庁オークションは個人間の売買ではないオークションです。

官公庁オークションとは、インターネット公売や公有財産売却など、各行政機関による行政手続きの一部をインターネット上で実施するサービスです。

インターネット公売とは
インターネット公売は、各行政機関が税金などの滞納者から差し押さえた財産を、国税徴収法などにのっとって売却する手続きの一部です。
インターネット公売で落札された物件の買受代金は、 滞納者の未納税金などの支払いにあてられます。

公有財産売却とは
公有財産売却は、各行政機関が所有している財産を、地方自治法などにのっとって売却する手続きの一部です。
公有財産売却で落札された物件の売払代金は、実施行政機関の歳入になります。

引用 Yahoo!官公庁オークション公式サイト

官公庁オークションのついては以下のサイトの説明がとてもわかりやすいです。

⏬ ⏬ ⏬
官公庁オークションってどんなオークション

Yahoo!官公庁オークション公式サイト

■安く服を買うために知っておきたいフリマサイト

実際に開催されているフリーマーケットに出かけるのもいいですが、手軽に利用できるフリマサイトやアプリも利用したいところです。

役によって年齢や趣向などもさまざまで、いろんな系統の服が必要になることがあります。

そんなときに知っておきたいフリマサイトをまとめました。

⑥メルカリ

メルカリTOP画面

メルカリはスマホで手軽に売買できるフリマアプリとして有名で、利用はしたことがなくても誰もが知っているのではないでしょうか?

売るときも買うときも3ステップで簡単に取引きできますし、出品時も購入時も手数料0円です。

なおかつ会員登録料、月額利用料、クレジットカード手数料も0円というありがたいシステムなので、是非、利用していきたいところですね。
※買ったときの支払いがクレジットカードなら手数料0円ですが、コンビニやATM、キャリア決済だと手数料100円がかかります。

メルカリ公式サイト

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ
posted withアプリーチ

⑦ラクマ

楽天ラクマTOP画面

株式会社Fablicが運営するフリルというフリマアプリがあったんですが、2018年2月に楽天が運営するフリマアプリ「ラクマ」と統合されたのが今の新しい「ラクマ」です。

スマホアプリはもちろん、アプリをダウンロードせずにPCからWEB利用も可能です。

ラクマもメルカリと同じで3ステップで取引きが完了してしまう手軽さが特徴です。

ラクマ公式サイト

ラクマ(旧フリル)- 楽天のフリマアプリ

ラクマ(旧フリル)- 楽天のフリマアプリ
posted withアプリーチ

⑧ショッピーズ

ショッピーズTOP画像

ショッピーズも、月額利用料などは無料で使えるフリマアプリです。

メルカリやラクマなどに比べると利用者数や出品数も少ないですが、長年続いている実績のあるサイトです。

ショッピーズ公式サイト

SHOPPIES(ショッピーズ) - フリマアプリ

SHOPPIES(ショッピーズ) – フリマアプリ
posted withアプリーチ

■オークションサイトやフリマサイトのメリット

オークションサイトやフリマサイトはとにかくさまざまな系統の服が出品されているので、どのような役のイメージでもそれにあった服を探しやすいです。

それにショップのようにその場に足を運ばなくてもいいというのも良い点ですね。

なかには新品の服を驚くくらいの安価で出品している人もいるので、思わぬ掘り出し物に出会えることもあります。

■オークションサイトやフリマサイトのデメリット

幅広い系統の服が出品されているので根気よく探せばお目当ての商品にたどり着きますが、その時々で出品されている商品は変わるのでショップなどに比べると少し探しにくいです。

最近ではサイト運営側がセキュリティ面などにかなり力を入れているので全体面では安全ですが、なかには評価の低い出品者などもいるので、個別でそのあたりもしっかりと注意しておく必要があります。

基本的には個人の出品物ですので、人それぞれ価値観の違いがあるように商品の劣化具合や傷み具合などの捕らえ方にも個人差がありますので、出品写真をしっかりとチェックして商品の状態を確かめておくことをおすすめします。

■まとめ

もちろんメリット・デメリットの両方がありますが、自分が利用してきた印象でいうと僕は一度もそういったトラブルにあわなかったので個人的には安心しておすすめします。

舞台や撮影で衣装として数回しか着ないような服であれば、できるだけ安く手に入れたいところですよね。

そういったときには、とても便利なのでオークションやフリマアプリも知っておくと助かります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました