俳優になる為には欠かせないセルフプロデュース

自分磨き/ブラッシュアップ

 

セルフプロデュースという言葉はどこかで聞いた事がある言葉だと思いますが、俳優を仕事にしていく上では必ずと言っていいほど必要になってきますので解説していきます。

まずセルフプロデュースというのは、「理想の俳優像」に自分を仕上げていく事です。

俳優は「自分自身が商品」なので、常に客観的な視点で自分を分析するように心掛けましょう!

これから女優を目指すもえちゃん
確かにそうですね!商品だと考えると客観視できそうな気がします!

それでは、俳優になる為に取り組んでいくセルフプロデュースの、大事なポイントをお伝えしていきますね。

 

セルフプロデュースまでの準備と順序

セルフプロデュースと言っても、「完成形」のイメージが明確でないと計画すら立てられません。

他の記事でも常々書いていますが、まずは何よりも、目指す「俳優像」を明確にします。

アイドル路線で売り出すのとロックバンドとして売り出すのでは全く活動の仕方や売り込み方が違うように、俳優でも、どんなジャンルのどんな俳優になるのか、最終的に理想とする「俳優像」がハッキリしていないと、目指す先すらわからずに迷走することになってしまいます。

「とにかく俳優になりたい」「映画に出たい」「CMに出たい」などの漠然とした願望ではなく、「理想の俳優像」を具体的にイメージする事から始めてくださいね。

セルフイメージを膨らませる具体的な方法やコツはこちらの記事に書いていますので、今回の記事では、簡単にイメージを作り上げるヒントだけご紹介します。

俳優になるためのSTEP3。取捨選択してギャップを埋める
あなたが、理想の俳優像に近づくために「必要なもの」「不必要なもの」はわかっていますか? せっかく明確な目的地と明確な現在地が わかっても、そこに行くために「するべきこと」「するべきでないこと」が分かっていないと、時間の無駄や遠回りをしてしまいます。

理想の俳優像に近づく為に必要なものを分析

「目指す俳優としての姿」「理想の俳優像」が明確になれば、後はそこを目指すだけですが、その俳優像に到達するために、今の自分に「必要なもの(事)」「足りていないもの」を知らなければいけません。

「必要なもの」や「足りていないもの」を1つ1つ手に入れていく事で、確実にあなたが目指す「理想の俳優像」に1歩ずつ近づきます。

でも反対に、「必要なもの」を手にいれず、「足りないもの」を埋めず、ただ一生懸命にやっているだけでは、「理想の俳優像」にはいつまでたっても近づきません。

なので、あなたが目指す「理想の俳優」になるためには「何が必要」で「何が足りない」のかをしっかり把握しておきましょう。

今、自分が何をするべきかを知り、すぐ動く

自分が目指す「俳優像」に自分を仕上げるために「必要なもの」「足りないもの」をしっかりと把握したら、すぐに行動を起こしましょう!

これから先のあなたがする事はその「必要なもの」「足りないもの」を埋める事。

ただ、それだけです。

たったそれだけのことなので、「すぐに行動を起こせるかどうか?」が人より1歩抜け出すための大きな差になります。

頭ではわかっているのに「やっていない」「実践していない」という人が非常に多いです。

例えば、俳優にとって「体が硬い」のと「体が柔らかい」のとどっちがいいと思いますか?

ほとんどの人が「そりゃ、柔らかい方がいいでしょ」と言うと思います。

もちろん、答えは「柔らかい方がいい」ですね。

怪我をしにくいですし、立ち姿や様々なポーズも綺麗になりますし、パフォーマンスのクオリティが上がります。

いろんな観点から見て、俳優にとって「体は柔軟なことに越したことはない」わけです。

俳優を目指している人のほとんどが、「そんな事はわかりきっている」と思います。

 

が!

 

 

毎日、日常的にストレッチをやって、体の柔軟性を保っている、または向上させているという人は、実際にはどのくらいいるでしょうか?

きっと、半数にも達していないと思います。

頭では「やっておいた方がいい」とは思っていても。です。

ここに大きな差があるわけです。

「必要だと思ったことは、すぐに行動に移す人」
「必要だと頭でわかっても、行動しない人」

正直、俳優を目指す人にとって「必要なことをすぐに行動に移せない人」は致命的です。

万が一、「頭でわかっていてもすぐに行動に移せない」という人がいれば、技術面などの表面的な事よりも、まずは、そうした「意識」や「思考」といった内面的な問題を改善する事から始めるべきでしょう。

今から俳優を目指す人も、今すぐやれることはいくらでもある

今すぐにでも取り掛かれる事は、上記の例のように「ストレッチ」だけではありません。

第一線で活躍する俳優になったあなたはどんな服を着ているのか?

そして今の自分の服装はそのイメージ通りなのか?

これから女優を目指すもえちゃん
着たい服やイメージはあるのに、今の服装は全然違う…

イメージと違うのであれば、まずはイメージに合った服を購入しなければいけませんよね。

 

 

ただし、何も高級な服を用意する事はありません。

もちろん服のブランドも具体的にイメージしておくのはとっても良い事ですが、最初からあまり高額な服を用意する必要はありません。

生活状況や金銭的事情で不可能な状況の人もいると思います。

これから女優を目指すもえちゃん
服も結構お金かかるからな~

でも、だからといって何もしないのは愚の骨頂なので、最初はブランドや質は二の次と考えて、まずは見た目だけでも理想の俳優像に近づけてみましょう!

古着屋さんを探せばブランドものでも安く購入できる場合があるので、そういった方法を試してみるのもおすすめです。

今はどれだけ安くても買えないお財布事情なら、買わなくても「見に行くことはできる」はずです。

一流の俳優になった自分は「こんな服を着ている」というイメージを明確にすることは、今すぐにでもできます。

他にも、髪型なども同じですね。多くの人に認知される俳優となったあなたがどんな髪型をしているのかをイメージするだけでなく、イメージしたならすぐにでも近づけましょう。

 

 

これも金銭的に厳しい時は全てを後回しにするのではなく、「カラーは次回にして、髪型だけはすぐにでも理想の髪型にカットしよう」とか、今の自分にできる事からだけでいいので、常に目指す俳優像に対して何かしらの行動をすぐに起こす癖をつけていきましょう。

そうした行動が習慣になれば、チャンスを逃しにくくなります。

必要な事にはすぐにでも動ける行動力があったら、目的を叶えるのも早いと思いませんか?

これから女優を目指すもえちゃん
すぐに行動に移せれば絶対に早いですね!

他にも、自分が目指す「俳優像」にとって、英語が必要だとなれば英語を習えばいいし、殺陣ができるようになる必要があるのであれば習いに行けばいいですし、何事も「理想の俳優像」に向かって近づいていける行動を少しずつでもいいので起こしていくようにしましょう!

必要な事にはすぐにアクションを起こす行動力があるかどうかは天と地くらいの大きな差になりますので、是非、実践してくださいね!

自分が自分のプロデューサー

自分を「商品」と捉えて、その「商品」に改良を加えて最高の「商品」に仕上げていくのは、自分自身です。

誰かが勝手に、あなたを魅力的にしてくれるわけでもないし、何もしないでも自分の商品価値を高めてくれるわけでもありません。

手を貸してくれることはあったとしても、最終的には全て自分自身です。

  • どこを目指すのか?
  • 今の自分はどのくらい目指すべき姿と離れているのか?
  • 目指すべく俳優像になる為に何をする必要があるか?
  • 今の自分に足りていないものは何なのか?
  • 一つ一つを「いつまでに」クリアするのか?
  • どういう段取りで目指す姿に到達するか?

などを、十分に把握した上で、しっかりと計画し、自分をプロデュースしていきましょう。

因みに達成するためのコツは、あなたが思い描く「理想の俳優像」に自分を仕上げる為に、何をする必要があるのか、改善する点は何なのかといった事を一度ノートに書き出して羅列してみる事をおすすめします。いわゆるチェックシートの作成ですね。

例えば、

  1. 着る服の雰囲気を変える
  2. 髪型を変える
  3. 日本舞踊を習う
  4. 言葉使いを変える
  5. 定期的に健康診断を受けるようにする
  6. 定期的にワークショップを受ける
  7. 月に一回は何かしらのオーディションを受ける
  8. 毎日、ジョギングと筋トレをする
  9. 毎日、滑舌の練習をする
  10. 勉強の為に月に3本は舞台や映画を観る

など、必要だと思う事を全て書き出してみて、実践できたことをチェックしていくようにすると自分の進歩や進化の度合いもわかりやすくなります。

これから女優を目指すもえちゃん
全部書き出して一つクリアしていく度に「理想の俳優像」に一歩近づいてるって事ですもんね!
きんちゃん
その通りです!これをクリアして待っているものは、進化した「俳優としての自分」ですからね☆

 

そしてもう一つおすすめしている事が、一つ一つの項目に対して期間や期限を設けてみる事です。

例えば、いついつまでに美容室に行く、とか、日本舞踊を習い始めて〇年後には試験を受ける、とか、〇月〇日までに健康診断を受ける、とか、必要だと思う事を「いつまでにやるのか」まで決めた方が「今やる事」が明確になりますし達成できる確率はぐんと上がりますよ!

これから女優を目指すもえちゃん
なるほどー!絶対やります!

まとめ

セルフプロデュースという言葉だけを聞けば何か難しい事だと思ってしまうかもしれませんが、実はこれもやる事は至ってシンプルです。

常に、理想とする「俳優像」に仕上げる事だけを考え、行動していくという事ですね。

何を改善するべきか、何を磨くべきか、何を仕掛けていくか、どんなアピールをしていくか、など、自分がなりたい「俳優としての姿」へ到達すためだけの事を考え、自分自身を導いていくようにしてください。

これから女優を目指すもえちゃん
なるほどー。1点集中して目的地を目指すって事ですね。

このサイトに書いている事って、そんなに真新しい事や難しい事ではないですし、むしろ当たり前の簡単な事しか書いていません。

だからあんまり巷のワークショップでは深く取り扱う事がありません。このくらいは当たり前の事だから皆各自でやってくださいね。的な感じですかね(笑)

でも、そのくらい当たり前のことなのに実践している人が少ないのが実際のところです。

だからこそチャンスがあります。

 

 

どんなに綺麗な花でも、土台がしっかりと育まれていないと、根を生やして咲くことができません。

それは何事にも当てはまります。

例えば、世界チャンピオンを狙うボクサーが、いくらパンチの打ち方や防御の仕方といった技術面ばかりを一生懸命に練習していても、もっと根本的なところで長いラウンドを戦い抜くスタミナやメンタルの強さがないとリングに上がることすらできません

そうしたらトレーナーが一番に考えることは「まずスタミナをつけさせること」「メンタルを鍛えさせる事」になりますし、指示としては「とにかく毎日走れ!」「しんどくてキツい事をしろ!」となりますよね。

「土台作り」は、リングに上がる為の最低限の「資格」みたいなものです。

土台を作る作業って、一番地味で、一番面倒臭くって、でも、一番大事な事なんですね。

その、最低限の資格といった「核」になる部分の重要性をどれだけ理解して目を向けられるか、そしてそこに対して努力できるかが、その後のプレーヤー人生を大きく変えます。

俳優というのは自分が「プレーヤー」「選手」でもあり、また自分自身が「プロデューサー」「トレーナー」でもあるという事を忘れずに、どれだけ一番地味で面倒臭いことを自分に課せられるかだと思いますので、常に客観的に自分を捉えてプロデュースしていきましょう。

これから女優を目指すもえちゃん
私も子どもの頃クラシックバレエをやっていたのでわかります。なんだって同じ事が言えますね。
きんちゃん
本当に大事な事は、根本的な部分では共通しているんでしょうね。

 

僕が好きなバンドの一つにUVERworldというバンドがあります。

そのバンドのヴォーカル「TAKUYA∞」さんは、もう毎日10kg走り続けているという話は有名です。コンサートの日にもです。

「僕が走ることをやめたときは、もう闘うことをやめたんやと思っていただいて結構」
by TAKUYA∞

自分のパフォーマンスを上げるため、自分を少しでも成長させるためにはどうしたらいいかと考えた末に、走ることが良いと思ったらしいです。
引用 UVERworld.info

 

また、知り合いの大道具さんに聞いた話ですが、江口洋介さんが出演される舞台の裏方に付いていた時、昼本番と夜本番の間の休憩時間に「ちょっと走ってきまーす」と言って走りに出られたそうなんですが「さすがに第一線で輝き続ける人は、人には見えないところでもすごいなー」と感心していました。

これから女優を目指すもえちゃん
本当に素晴らしいですね!

 

素敵な俳優になる為に、また、最高のパフォーマンスをする為に必要な事は「セリフの言い方」「表情の作り方」といった表面的な事だけではありません。

日常生活の中から心がけて変えていける事は山のようにありますので、是非、本質を見極めて「理想の俳優像」に最短距離で近づけていきましょう!

これから女優を目指すもえちゃん
私も「うわべ」だけではなく「芯」から素敵だと言われる女優を目指します!

 

答えはこの曲の中にあると言ってもいいくらいの説得力がある曲です。

きっと俳優を志すあなたも奮い立たせてくれますよ!

UVERworld 『PRAYING RUN』

UVERworld 『PRAYING RUN』

歌詞の中にある「全部やって確かめりゃいいだろう」の圧倒的な説得力。

打ちのめされそうな夜には聴いてみてくださいね☆

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました