俳優になるためのSTEP3。取捨選択してギャップを埋める

「必要」「不必要」を書き出す4ステップ

こんにちは。

最短で確実にプロの俳優になるための4ステップ。

まずはステップ1と2で「目的地」を明確にし「現在地」を知るということをお伝えしました。

そして、その「目的地」と「現在地」を結ぶ。つまり、理想の俳優像」と「現在のあなた」のギャップを埋めるというのがステップ3となります。

ビフォーアフター

■徹底的に取捨選択しよう

最短で「理想の俳優像」に近づくためのコツとポイントをお伝えします。

まずは理想の俳優像に近づくために「必要」と「不必要」を徹底的に取捨選択することです。

これからの自分にとって「何が必要」で「何が必要でない」のかを一度しっかり考えてみる。この工程は必ずやってみてください。

地図を広げて現在地と目的地を見ながら、遠回りになる道にはバツを入れて消していくような感じで、目的地に最短でたどり着く為に必要な道だけを残して、必要のない道をどんどん削除していく感じです。

夢を叶える道標

そうすることで、遠回りと迷子になることを防げます。

本当は映画やドラマなど映像の世界で活躍したいと思っているのに舞台ばかりやっている人などがいますが、そういう人は自分にとっての「必要」「不必要」がしっかり取捨選択できていない場合が多いです。

シンプルに考えて、映像の世界で活躍することを目指しているなら出来る限り映像作品に携わっていく道を考えた方がいいでしょう。

舞台稽古に費やす膨大な時間を、たくさんの映画を観て映像の演技を勉強する時間にあてた方が身になるかもしれませんよね。

感情の作り方や心の動かし方は同じでも、映像と舞台では表現の仕方や見せ方は全然違います。

舞台では顔はもちろん全身が常に見られているのに対し、映像ではカメラがどの角度からどのくらいの範囲を撮っているのかでそもそも見える範囲も違いますし、見せ方(表現)や声のボリューム、トーンも全てが変わってきます。

あなたがドラマや映画など映像で活躍する俳優を目指すのであれば、最初からカメラの前での演技(表現)方法を勉強した方が早いと思いませんか?

反対に舞台俳優を目指すのであれば、最初から舞台用の表現方法を学んだほうが早いですよね。

これから女優を目指すもえちゃん
これから女優を目指すもえちゃん

間違いない…

近年では自主映画などの製作数も増え、クオリティも非常に高く「カメラを止めるな!」などのようにとんでもないヒット作が生まれたりするので、俳優にとってもチャンスの幅は大きく広がっています。

一般応募している自主映画などもたくさんあるのでオーディションを受けてみるのも良し、一般応募を受け付けている芸能事務所のオーディションを受けてみるのも良し。

またキャスティングオーディションを兼ねた映画監督のワークショップなども数多く開催されています。

そのように、自分が目指す先に直結していると思われるものに積極的に挑戦していく方が結果的には早いです。

今「何に時間を使うのか」また、「何に時間を使わないのか」を決めておくことで無駄な時間を省くことができます。

・不必要なものは一旦捨てる勇気を持とう

「今の自分に必要のないから捨てるもの」まで決めておくと、様々な選択を迫られた時に決断が早くなりますし、間違った選択を減らすことができます。

分かれ道

もちろん、時間だけではなくてお金も、人間関係も同じです。

たとえば、自分磨きにもそれなりのお金がかかります。

それはあなたが一流の俳優になるための自己投資として、可能な限りは自分に投資するべきものですよね。

でも、必要なもの不必要なものをハッキリ決めていなければ、習い事やレッスンを受けるべき時間やお金を使って、なんとなくの流れで飲みに行く、なんとなく服を衝動買いする、など今どうしても必要でないことにお金や時間を使ったりすることが多くなってしまいます。

管理人
管理人

「痩せたい痩せたい」と言いいながら具体的なカロリー計算もせず運動などもしないで普通にご飯を食べている人のような感じですね(笑)

これから女優を目指すもえちゃん
これから女優を目指すもえちゃん

耳がいたい話です…

そのようにして、時間やお金、人付き合いに対しても「必要なもの」「不必要なもの」を、一度、明確に書き出してみると今のあなたが何を優先すべきかがよくわかります。

あなたが計画性なくダラダラと過ごしている時間に俳優仲間はストレッチをやっているかもしれません。一生懸命台本を読んでいるかもしれません。たくさんの映画を観て勉強しているかもしれません。滑舌の練習をしているかもしれません。

人知れず、家で地道な努力を積み重ねている人もたくさんいます。

もちろん「今は休んで心身を整えるとき」と決めて休むことは必要です。

ただ、「なんとなく」ではなく「必要」な時にしっかりと休むようにしましょう。

■まとめ

ステップ3は「取捨選択してギャップを埋める」

STEP3
  • 「必要」「不必要なもの」を明確にする
  • 徹底的に「不必要」を排除し、「必要」なモノだけに時間を費やし自分を磨く

たった2つ。

この2つのことを徹底するだけで、目的地に近づくスピードが大きく違ってきます。

関連する記事
俳優になってどうする?本当の「目的」に気づく方法
映画やドラマに出たい、CMに出たい、など俳優を志すうえで人それぞれの願望や目標があると思いますが、それは「一つの目標」であって、俳優になる「目的」ではありません。「目的」があるから「目的地」。「目的」がなければただの「目標地点」。その違いに気づいてますか?
俳優になるためのSTEP1。目的地を決める
映画に出るのが夢なのに実際には舞台ばっかりやっているなど、目的と実際の行動にズレが生じている人が多いのが現実です。それは霧のかかった山の麓をグルグル回っているのと同じで目指す山頂には近づいていない事もあります。しっかりと目的地を見て進みましょう。
俳優になるためのSTEP2。自分の「現在地」を知る
明確な目的地に向かって旅を始めようとするとき、今、自分がどの地点にいるのかを知っておくことはとても大事な事です。目的地までどのぐらいの距離があって、何が必要で、どんな準備をするべきか、などが明確になるからです。俳優としての自分の現在地を知りましょう。
俳優になるためのSTEP4。認知拡大してファンを増やす
俳優で生計を立てられるようになるには、やはり世間に俳優として認知されないと難しいですね。俳優として、演技力や人間性の向上に努めるのはもちろんのこと、積極的に自分の存在を知ってもらい応援してくれる人を増やしていかなければ職業にはできません。認知拡大の行動を起こしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました