俳優としてのセルフブランディング。コアなファンを増やす方法。

自分磨き/ブラッシュアップ

 

あなたには、自分の活動を追いかけてくれるようなコアなファンがどのくらいいますか?

 

一流の俳優になるのであれば必ず考えておきたいセルフブランディング。

「売れていない俳優」のほとんどがセルフブランディングについてあまり深く考えていません。

 

セルフブランディング(せるふぶらんでぃんぐ、SelfBranding)とは、企業や組織に所属しない「個人」が、自らをメディア化し、自らの力でプロモーションすること。
引用 Wikipedia

 

セルフブランディングとは、「自分を」「ブランド化」するという事ですが、もっとわかりやすく言うと「コアなファンを増やす」という事です。

俳優としてセルフブランディングする為の準備という記事でもお伝えしていますが、ただ闇雲に宣伝活動や売込活動を行えばいいのではなく、ブランディングを行う前には「そこに市場があるのか?」「求められていることは何なのか?」「自分の強みは何なのか?」などいくつか事前にしっかりと把握しておくべき事があります。

今回の記事では、俳優としてのセルフブランディングの大事なポイントや、注意点、または進める手順、方法などをお伝えします。

ブランディングを実践しながら、他に代わりのいない存在感のある俳優になりましょう!

 

これから女優を目指すもえちゃん
唯一無二の女優を目指します✊

 

■俳優にとってのセルフブランディングとは

あなたの中で、刑事役といえばこの人という俳優は誰ですか?

もしくは、反対に犯罪者の役をやらせるならこの人の他にいないという俳優は誰でしょう?

人それぞれ、頭にパッと浮かぶ俳優がいると思います。

それが、その俳優があなたに植え付けている印象ということになりますね。

または、世間に持たれている印象です。

役柄だけではなく、髪型や服装など容姿においても同じです。

足の長い俳優と言えば あの人 。

背の高い俳優といえばあの人。

真っ赤なドレスが似合う女優といえばあの人。

アロハシャツが似合う俳優といえばあの人。

雰囲気なども同じで、

優しそうな俳優といえばあの俳優。

怖そうな俳優といえばあの俳優。

理想の上司といえばあの俳優。

理想の奥さんといえばあの女優。

など、 それぞれ真っ先に頭に浮かぶ俳優がいると思いますが、 その俳優はそれだけ強烈な印象を、あなたや世間に残しているということになります。

つまり、それがブランド化されているということです。

わかりやすく言えば、自分のポジション(居場所)をしっかりと確立しているということですね。

ちなみに、あなたは、どの部分で「〇〇と言えば…(あなた)」と言われる俳優でしょうか。

 

これから女優を目指すもえちゃん
…と言えば?‥何だろ…😓 

 

今から俳優を目指す人は、それを具体的に考えておくと自分がやるべきことや、 どこを主張すべきかが明確になります。

・ブランディングとはコアなファンをつくること

自分の好きなブランドや、世間で知られている一流のブランドを参考にして、コアなファンをつくることを考えてみましょう。

例えば、わかりやすいブランドと言えば「シャネル」や「ルイヴィトン」、または「ローレックス」や「ベンツ」など。

 

 

人それぞれ好きなブランドがあるかと思いますが、そのブランドのファンにとっては「変わりは存在しない」という事です。

ルイヴィトンのコピー商品などは本当にたくさん世に出回っていますし、コピーでなくても似たような商品も多いですよね。

中には本家に負けないくらいの良い素材を使っていて、製法もしっかりしていて、機能的な面では負けず劣らずのものもあります。

ですが、それがどれだけ良い商品でも、 ルイヴィトンのコアなファンは、「ルイヴィトン」でなければ買いません。「ルイヴィトン風」ではNGなんですよね。

 

 

これから女優を目指すもえちゃん
確かにそうですね☝️

 

これは好きな俳優やミュージシャンなども全く同じですよね。

自分が好きな俳優や歌手、その他、好きな曲や映画などに置き換えて考えてみてください。

ファンにとっては、「似たようなもの」ではなく、やっぱりその俳優や、歌手、曲、作品、でないとNGなんですよね。

つまり、ブランドとはファンにとっての「絶対的な、究極の価値」だと言うことです。

これは、これからあなたが俳優として自分ブランドを構築していく上でも、とても大事になってきます。

SNSなどでは、間違ったブランディングの解釈をしている人をチラホラ見かけます。

ブランディングと言うのは「自分をできる人風に見せること」ではありません。

「派手なら良い」「目立てば良い」というものでもありません。

むしろ、表面的な装飾にばかり気を取られていると、反対に自分の評価を下げることにも繋がりますので注意しましょう。

・セルフブランディングの大事なポイント

ここで、セルフブランディングの大事なポイントをおさらいしておきます。

あなたが俳優として「絶対的な、究極の価値」になるためにも、あなたの強み(人より秀でている、または人より劣っている)を理解しておくことが大事です。

 

これから女優を目指すもえちゃん
劣っているところも強みですか❓❓ 
きんちゃん
俳優にとっては、1つの個性、特徴でしかありません🙂人より突出していれば、それはすべてが強みであり、俳優としての武器になります👍 

 

俳優として自分をブランド化するために大事なことは「印象づける」ことです。

「これは〇〇さん(あなた)しかいない」と言われるほど、1つ(または複数)のイメージを印象づけることができるかどうかが1番大事です。

映画や舞台を観ていて、演技はうまいけど印象に残らない俳優さんはどうですか?

そういう俳優もたくさんいます。

そうならないために、あなたは常に「どんな印象を残そうか」を考えておいてください。

また、自分が映画や舞台を観るときは、印象に残った俳優はどんな俳優なのか、どういった部分が印象に残ったのか、それを分析するようにしてください。

常にそうした視点を持って振り返ってみると、あなたが演じる側になった時にも 大きな参考になります。

 

これから女優を目指すもえちゃん
確かに印象に残る俳優さんっていますよね😄
きんちゃん
しかもそれは、必ずしもベテランや知名度の高い俳優だけに限ったことではありませんからね👍 

 

・自分をブランド化する為に必要な3つの「価値」

ブランド化するという事は、ファンにとっての「絶対的な、究極の価値」になる事だと言いましたが、少し詳しく言うと、その価値には3つの「価値」が存在します。

この3つの「価値」を理解しておくことは大事なことなので掘り下げてお伝えします。

 

ブランディングに必要な3つの価値
  • 機能的価値 … 商品が提供する機能的な価値
  • 情緒的価値(心理的価値) … 心を動かされるなどの心理的な価値
  • 自己表現的価値 … 「こうなりたい」と憧れの気持ちを抱かせるような価値

 

まず、「機能的価値」についてですが、これはその商品が提供する(持つ)本来の機能的な価値の事です。

例えば、飲食業にとっての「料理」だったり、テレビだと「テレビが見れる」「録画ができる」など、その商品やお店が提供する本来の機能(業務)のことを指します

俳優で言えば「演技」、歌手で言えば「歌」などが「機能的価値」という事です。

 

 

これから女優を目指すもえちゃん
一番重要な部分ですね!
きんちゃん
そうですね。最低限必要な機能と言えますね👍

 

そして次の「情緒的価値」というのは、感情的価値とも言って、その名の通り「心を動かす価値」の事です。

一番簡単な感情で言えば「好きか、嫌いか」というのも「情緒的価値」と言えます。

演技が上手いのに「好きになれない俳優」や、歌が上手いのに「それほど聴きたいと思わない」歌手がいるように「機能的価値」だけを提供してもコアなファンになってもらえるかどうかは、また別問題です。

でも、反対に「演技がそれほど上手くなくても」「歌がそれほど上手くなくても」、多くのコアなファンに支えられて、一流の「ブランド化」している俳優や歌手もいます。

それは、「情緒的価値」をしっかりと与える(提供する)ことができているからです。

 

これから女優を目指すもえちゃん
簡単に言うと、好感度みたいなものですか❓
きんちゃん
そうですね、近いです。「声が好き」だったり、「滲み出ている人間性が好き」だったり、「機能的価値」以外の部分でちゃんと魅了して、満たせているという事ですね😄
これから女優を目指すもえちゃん
なるほどー。

 

最後に「自己表現的価値」というものがあります。

これは、俳優としてのあなたを観て「こんな人になりたい」「こんな俳優さんになりたい」というように、「自分もこういう風に自分を表現したい」と思ってもらえる事です。

つまり、憧れ的な感情を抱いてもらう事ですね。

 

 

ファンクラブに入るほど好きな俳優やアーティストがいる人はわかると思いますが、好きな理由ってパフォーマンスだけではなかったりします。

例えば、僕は「矢沢永吉」さんの大ファンなんです。

当然、矢沢さんの歌は大好きなんですが、でもそれ以上に”矢沢永吉”という人間自体のファンなんですよ。

歌だけのファンであればコンサートで歌詞を間違えたり忘れたりすると「おいおい!いいところで何やってんだよー。」となるかもしれませんが、コアなファンはそうはなりません。

そういった人間臭い一面が見れた事も「ラッキー!」な事になったりします。

そして、そのミスった後の対応にまた更に「やっぱカッコいいわ~」となるんですね(笑)

失敗しても、それを真摯に受け止めた上で、立ち直してまた前進する姿に魅了されたりするわけです。

これがコアなファンの深層であり、真相です🙂

 

これから女優を目指すもえちゃん
アーティストとして好きというより、もう人間として好きというような感じですね😊
きんちゃん
まさにその通りです👌

 

歌や容姿といった表層だけではなく、もっと深い人間性の部分で「こんな人になりたい」とファンになっているんですね。

きっと誰かのファンになった経験のある人にはわかってもらえると思うんですが、そういうのを「自己表現的価値」と言います。

そしてあなたが俳優としての自分を「ブランド化」する為には、この「自己表現的価値」を与え、あなた自身(人間)のコアなファンになってもらい、あなたに憧れ、あなたみたいな俳優になりたいと思わせるような魅力が必要になるという事です。

 

これから女優を目指すもえちゃん
確かにそうですね~。ハードル高そう~😅
きんちゃん
ハードル高くなければ誰でもなれますからね(笑)
これから女優を目指すもえちゃん
間違いない😖

 

■認知度を上げるためのプロモーション術

俳優を目指す人は何万人といます。

あなたがどんなに魅力的な個性や特徴を持っていても、それだけの数の中でただ待っているだけでは、自分の存在を知ってもらうことすら厳しいです。

俳優として自分をブランド化するためには、魅力的な個性や特徴(印象)を身につけることは何より大事ですが、それと同様に、自分という「ブランド」を広め認知してもらう為のプロモーション活動を行っていかなければいけません。

現段階では、世間一般的にだけでなく、まだまだ業界の中でもあなたの存在を知らない関係者の方が多いでしょう。

なので当然、オーディションを受けることも、ワークショップに参加することも、舞台に出演することなども全てが認知拡大のプロモーション活動に繋がります。

 

 

さらには、芸能事務所に所属しようと考えている人や、養成所、タレントスクールなどに入学しようと考えている人も、あなたのことを知らない人との出会いは全てがプロモーション活動に繋がります。

 

これから女優を目指すもえちゃん
なるほどー❗️そうですよね。今から出会う人たちにどんな印象を持ってもらえるかって大事ですよね😆
きんちゃん
そうですね。これから出会う人たちにファンになってもらえるくらい魅力的にならないと、ですね😃

 

そして、今の時代だと絶対に外せないのがインターネットを使ったプロモーションです。

セルフプロデュースやセルフブランディングというと、強烈なインパクトがある「オリジナリティ」で独自のブランドを構築したレディーガガなどはとても参考になります。

レディーガガで知られているのは、SNSでのプロモーションやファンとの関係の築き方です。

Twitter、Facebook、Instagramなどでとんでもない数のフォロワー数を誇っているガガですが、興味を持ってサイトに訪れた人に対して更に深く自分のことを知ってもらい、関係を深めていくという理想的で見本となるSNSの使い方をしています。

 

  • 俳優としての情報発信
  • 興味を持って訪問してくれた人に一歩踏み込んだ自分を知ってもらう
  • 更に強い繋がりや関係を築く

 

あなたも、この3つの事を意識して、SNSやブログを通したプロモーションを始めましょう。

何か一つでもやり始めてみると、自分を「ブランド化」する事の難しさや大事なポイントなども、実感として身についていきます。

 

・プロモーションを行う上での注意点

インターネット上でのプロモーションを行う際に注意しておかなければいけないのは、ブランドというのは「価値を作り」「価値を伝える」ことによって成立するという事です。

SNSでむやみやたらに友達申請を送って友達の数だけ増やしてみても、「ただの知り合い」が増えただけです。

もちろん私生活での繋がりや連絡用にやっているSNSであればそれでもいいですが、俳優としてのプロモーション用SNSであればしっかりとコンセプトを考えた上で、「価値を作り」「価値を伝える」ことを忘れないでくださいね。

大事な事は「誰に向けて何を発信するのか?」という事です。

「知り合いに向けて?」「気心の知れた友達に向けて?」「ファンに向けて?」

対象が変われば内容も違ってきます。

 

これから女優を目指すもえちゃん
実際の会話と同じですね❗️
きんちゃん
まさにその通り。今、目の前の誰に向けて話しているのか?と想像しながら発信すればわかりやすいですね👌

 

自分を良く見せようとしてみたり、表面的な装飾ではなく、あなたの本当の魅力を発信できるように、日々の行動や生き方といった、自分の「人間性」を磨くことを忘れないようにしましょう。

人間性の部分は、演じても必ずボロが出ますからね。

 

これから女優を目指すもえちゃん
恐い恐い…😖

 

俳優という枠を飛び越えて、あなたという「人間」自体を好きになってくれ、応援してくれるファンと繋がっていけるように。

 

■まとめ

セルフブランディングを一言でまとめると「コアなファンを増やすこと

言葉の意味のままに言えば、「自分を」「ブランド化」するという事。

そしてそれは「価値を作り」「価値を伝える」という事。

その価値には3つあって、

 

  • 機能的価値 … 商品が提供する機能的な価値
  • 情緒的価値(心理的価値) … 心を動かされるなどの心理的な価値
  • 自己表現的価値 … 「こうなりたい」と憧れの気持ちを抱かせるような価値

 

上記3つの価値を提供する事でブランディングは成立します。

そして、この3つの「価値」を高めると同時に、自分の存在を知ってもらい、認知度を広めていく為のプロモーションを行っていくと、どんどんとあなたという俳優ブランドが広まっていくでしょう。

たくさんの映像作品や舞台に出演して、少しでも多くの人に自分を知ってもらうのは当然の事ですが、まだまだ業界内でも自分の存在を知られていないなら、オーディションやワークショップなども、ただのキャスト選考の場や学びの場ではなく、自分という俳優ブランドを広めるプロモーションの場だと捉えて一つ一つを大事にしましょう。

そのオーディション自体で結果が出なくても、記憶に残るインパクト(印象)を与えられれば、頭の片隅に残り、必要となった時に思い出してもらえるでしょう。

 

これから女優を目指すもえちゃん
なるほど❗️そこで結果が出なくても次の結果に繋がれば大成功ですもんね㊗️
きんちゃん
その通り(笑)

 

また、インターネットを利用したプロモーションも同時に行い、

 

  • 俳優としての情報発信
  • 興味を持って訪問してくれた人に一歩踏み込んだ自分を知ってもらう
  • 更に強い繋がりや関係を築く

 

更なる自分自身の「ブランド化」に向けて積極的にアプローチしましょう。

セルフブランディングというのは「演技よりも」「見た目よりも」他の何よりも、一番に「あなたの在り方」や「生き方」「取り組み方」といった「あなた自身のコア(中心部/中核)」のファンを増やしていく事です。

その事を念頭に置き、表面的な装飾にならないように気をつけながら、俳優としてのあなただけのオリジナルブランドを構築しましょう。

 

関連記事

俳優としてセルフブランディングする為の準備

オーディションやワークショップ初日の服装の重要性と選び方

俳優ならファッションにも気を配りたい。おすすめのメンズショップ26選!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました