あなたをカリスマ性のある俳優にするセルフブランディング戦略。

輝かしい自分自分磨き/ブラッシュアップ

 

あなたが街を歩いていると、

「俳優の〇〇だ」「 ねぇ、あの人、芸能人じゃない?」

と、街ゆく人が振り返る。

「すいません、サインお願いしてもいいですか」「握手してください」

と声をかけられる。

あなたが舞台に出演すると、チケットが即完売する。

あなたが劇場に入る際や、劇場を出る際には、多くの出待ちのファンが待っている。

あなたの所属事務所には、毎日たくさんのファンレターやプレゼントが届く。

ファンレターには、あなたが出演した映画(舞台)の感想が書いてあり、「映画を拝見しました。素敵な映画をありがとうございます。感動で胸が震えました」などと書いてある。

 

いかがですか?

 

あなたが目指す理想の俳優像ではないですか?

 

これから女優を目指すもえちゃん
恐れ多いけど、こんな風になれたら理想以上です😊 
きんちゃん
恐れ多くなんてないですよ😄プロの俳優になるということはそういうことなんです👍 

 

このような俳優になるために、今のあなたに何が必要でしょうか?

 

もちろん演技力も必要だし、様々な面でのスキルアップや自分磨きも必要でしょう。

 

でも、あることを意識するだけで、あなたを上記のような、カリスマ性があって影響力の強い一流の俳優に仕立てることができます。

 

その、「あること」とは、

 

 

自分をブランディングする

 

 

ことです。

 

■あなたのチャンネル登録者(ファン)数は?

 

一時的にブレイクするのではなく、第一線に居続けるためには、ブランディングは必須の要素です。

 

どの業界でも同じで、ブランド力が高い人やお店ほど、深く根強い固定のファンが付いていますよね。

 

たとえば今、ユーチューブに定期的に動画をあげている人は、日本だけでも何万人といます。

 

その中でも、HIKAKINをはじめとするトップユーチューバーのように、今やテレビへと活動の幅を広げたり、何かあればニュースに取り上げられたり、その活躍は目覚ましいものがあります。

 

ただ、ユーチューブに動画をあげている人が何万人規模でいる中で、ユーチューバーとして生計を立てられているのは一部の人だけですね。

 

大多数の人が、定期的に動画をあげていることすらも全く知られていないでしょう。

 

その一番の大きな違いが、自分をブランド化するブランディング力です。

 

トップユーチューバーにもなると、その人それぞれのオリジナリティと個性、強みなど、しっかりと独自のブランドを確立しています。

 

ブランド力とは、その人(ブランド)自体の評価や価値の高さで、斬新な企画力やオリジナリティ溢れる魅せ方など、さまざまな要素はありますが、つまりは、そこにしかない「強み」「魅力」をしっかりと打ち出せているということになります。

 

この構造は面白いぐらいに、俳優業界も同じです。

 

これから女優を目指すもえちゃん
私が俳優活動を始めたことなんて世の中には全く知られてないなぁ…

 

そして、しっかりと自分をブランド化できるている人は、もちろんチャンネル登録者数(ファン数)が多いですよね。

 

第一線で活躍する俳優になろうと思うのであれば、同じように多くのファンを獲得しなければいけないのは言うまでもありません。

 

そこで、自分をブランド化することについて考えてみてください。

 

僕が俳優活動していた頃は、とにかく「演技がうまくなりたい」とか、「オーディションに受かりたい」とか、そういうことは常に思ってましたが、ファンを増やすということについて、真剣に考えたり、取り組んでいなかったことにビジネスを学びだしてから気づきました。

 

でも、人に「ファンになってもらう」ことって、俳優にとっては死活問題とも言えるほど大事なことですよね。

 

十分なファンがいなければ、俳優を仕事になんてできないわけですから。

 

そこで、ファンを増やすという観点から、一度ブランディングについて考えてみてほしいんですが、その前に、1つ視点を変えて…

 

今、ユーチューバーを例に挙げていますが、俳優としてのあなたをユーチューバー業界に置き換えた時に、あなたはどの辺りに位置付けているユーチューバーでしょうか?

 

たとえば、チャンネル登録者(ファン)は何人くらいのユーチューバーの位置づけですか?

 

まだ俳優活動を始めていなければ、今のところ0人かもしれませんね。

 

すでに俳優活動しているなら、どのくらいのチャンネル登録者(ファン)がいるか考えてみてくださいね。

 

これから女優を目指すもえちゃん
これ、残酷なくらい自分のレベルを思い知るんですけど…😱 

 

視点を変えて客観的に考えてみると、今置かれている現実がわかりやすくなったりしますね。

 

■俳優にとってのセルフブランディングとは?

 

上記の例以外にも、自分をカバンなどに置き換えて考えてみるのも面白いです。

 

第一線で活躍する俳優が、「シャネル」や「ヴィトン」「エルメス」などだとしたら、あなたはどんなブランドか。

 

もしも、人通りの少ない寂れた商店街で、山積みになって安売りされているカバンの一つだとしたら、今すぐ工夫を始めないといけませんよね。

 

「この商店街の山積みから抜け出して、シャネルの横に並ぶには…」と。

 

それこそが、ブランディングなんです。

 

商店街で山積みになって安売りされているカバンを、シャネルやエルメスの横に並ぶくらいのカバンに仕立て上げる。そのためにほどこす「工夫」や「装飾」「改良」のことをブランディングと言います。

 

これから女優を目指すもえちゃん
なるほどー💡 

 

第一線で活躍する俳優の隣に並ぶのであれば、今すぐ何かしらの工夫や改良を心がけてみるといいですね。

 

・オリジナル性とカリスマ性は必須

 

自分をブランド化するには、他の俳優とは違うオリジナリティは必須です。

 

他に類を見ない個性やキャラ、空気感だと優位なのは言うまでもありませんね。

 

たとえば何かのオーディションでも、あなたしかイメージに合う人がいなければ楽々とその役はゲットできるでしょう。

 

そのように、あなたにしかないカラーや個性、空気感というものは俳優にとって「強み」になりますので、他の俳優とは感性や性格、好みなども全て違っていていいということです。

 

むしろ、どこででも手に入りそうなものはブランド化するのは難しいので、人とは違っていた方がいいですね。

 

そういった思考で、ブランディングしていきましょう。

 

これから女優を目指すもえちゃん
たしかに独特のキャラの俳優さんってインパクトあるもんな~🤔 

 

そして、もう1つ。ブランド化に大事なのは、カリスマ性です。

 

歌手でも俳優でも、スポーツ選手でも、第一線で活躍する人にはカリスマ性があります。

 

1つ例を挙げると、日本でも高い人気を誇っていた「BEAST」という韓国のアイドルグループがいました。(※現:HIGHLIGHT)

 

彼らが、イギリスのコンサートに参加した際には、なんと興奮したファンが35人も失神するという事態が起こり大きなニュースになりました。

 

これから女優を目指すもえちゃん
35人が失神😱

 

僕が出演した、あるミュージカルの舞台でも、印象深い話があります。

 

その時は東京以外にも数ヶ所の地方公演があって、トータルすれば1ヶ月以上のロングラン(長期公演)だったんですが、主演キャストや主要キャストのお客さんには熱狂的な人も多く、驚くことにほとんど毎公演観に来て下さる方がいたりします。

 

それは、ある地方都市公演でのこと。

 

最終日に公演を終えて、劇場からホテルに向かって歩いていたら、偶然、毎公演観に来て下さっているお客さん数名が、東京に向けた高速バスに乗り込むところに遭遇しました。

 

お金が有り余っているから全国どの劇場でも観に来てくれるのではなくて、公演を観るために他の部分で切り詰めて観に来てくださっていることを知りました。

 

カリスマ性のある俳優は、そのようにしてファンを動かせてしまうんですね。

 

これから女優を目指すもえちゃん
それってすごくないですか❗️☺️ 
きんちゃん
すごいですよね。感動しましたし、その後の公演も頑張ろうという力をもらいました😄 

 

こういったファンをたくさん持つことができるようになれば、あなたも俳優が職業になっているでしょう。

 

■最高のあなたを魅せるための演出です

 

ブランディングとは、あなたをいかに良く見せるかということ。

 

つまり、最高の演出をすることです。

 

誤解のないように言っておきますが、自分を嘘で固めるということではありません。

 

あなたに価値が生まれるような、魅せ方をするということです。

 

舞台でも、映像でも、

 

「どの部分を見せるのが一番魅力的か」

「どんな色の照明をどの角度から当てるのが一番魅力的に映るか」

「どこから登場するのが一番効果があるか」

「どのタイミングで音楽が入るのが一番感動的か」

 

など、その作品が、最も魅力的にお客さんに届くように演出するのは当然のことです。

 

それをそっくり自分個人にも当てはめてみるとわかりやすいと思います。

 

これから女優を目指すもえちゃん
なるほど💡今すごくしっくりきました😊 

 

言い換えるなら、俳優は「自分を最も魅力的に魅せるプロでなければいけない」ということです。

 

■あとがき

 

僕が、セルフブランディングの重要性と必要性に気づいてから、まずやったことは普段着るものを変えてみました。

 

それまでの、「日曜日のお父さん的な自分」とは違って、思い切ってイタリアのちょい悪オヤジ風の服をチョイスしてみました。

 

そうしたら面白い事に、会う人会う人に「変わったね」「どうしたの」「いいね」「見違えたね」などと、様々な反応が得られました。

 

特に、それ以後に初めて知り合った人などには、どうやら僕は「おしゃれな人」と認識されています。

 

そのようにして、自分の印象は「いつ」「どの」タイミングからでも、すぐに変えられると実体験から確信しています。

 

あなたも是非、俳優として、自分を最高のブランドにするべく「いかに自分をよく魅せるか」ということを意識して、日常の生活の中から少しずつでもいいので変えてみてください。

 

面白いぐらいに周りの反応や印象が違ってきます。

 

そうやって、あなたが思い描く「理想の俳優像」にブランディングしていってくださいね。

 

今の時代は、自分からどんどん企画、発信する人が増え続けています。

 

おとなしく待っているだけではなかなか前に出られませんので、今できる小さい事から始めましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました