俳優になるには養成所に行くべきか?それとも専門学校?芸能事務所?

方法

これから俳優を目指そうと思っている人にとって、まず最初の悩みは、「何から始めればいいのか?」「どんな方法で始めればいいのか?」ということではないでしょうか?

ワークショップに参加してくれる人に断トツで相談される質問です。

こちらの記事でも書いている通り僕自身は養成所出身なのですが、自分も養成所を選ぶ時に同じように悩みました。

でも、この相談や質問に対する絶対的な答えは…ありません。笑

 

これから女優を目指すもえちゃん
ないんだ…😵

 

というのは、人それぞれ目指す俳優像が違うので全員に対して同じ1つの答えしかないというのはあり得ないからです。

ただ、あなたにとっての適切な方向性というのはありますので、焦らずにじっくり考えてもらえればと思います。

 

これから女優を目指すもえちゃん
なるほど💡 

 

そこで、「自分がどの道を進んでいけばいいのか?」を考えるためのいくつかの大事なポイントをお伝えします。

 

■進むべき道は、あなたが俳優になる「目的」による

俳優を目指すにあたって、始める方法というのは、俳優養成所、専門学校、大学、芸能事務所に所属、劇団に入団などいくつかの方法があります。

どの方法を選択するかを決める際に一番大事なことは、「あなたが俳優になるための目的に直結しているか」、つまり、どの方法が自分の夢を実現するために一番適していて近道かということですね。

たとえばあなたが、「主に映画で活躍する俳優になりたい」のか「舞台俳優になりたい」のか、たったこれだけのことでも、選択肢は当然違ってきます。

「どの方法で始めればよいか?」よりも「どこを目指すか?」の方が大切だということです。

 

 

まず、あなたが「俳優になる目的」「どんな俳優になるのか」という2点を、自分の中で徹底的に明確にしましょう。

この「目的」と「未来の俳優像」を明確にしておくことは、後々、ものすごく大事です。

これから先、さまざまな選択をする場面で、あなたの指針になってくるからです。

今はまだ、「〇〇さんみたいな俳優になりたい」「あんな作品に出てみたい」「あんな舞台に立ってみたい」など、漠然とした憧れ的な目的でも大丈夫ですが、少しずつ、自分の人生をかけるに値する根本的な「目的」を明確にしましょう。

 

■どの道に進むかは、今のあなたの実力やレベルにもよる

俳優を目指そうと思ったときに何から始めればいいのか?という質問に対して、全員に同じ答えが当てはまらないのは、人それぞれの「俳優としての能力やレベル」にもよるからです。

ここでいう「俳優としての能力やレベル」というのは、「演技の上手さ」という意味だけではありません。

お芝居が上手ければそれだけで俳優を職業にできるのかと言うとそんなことはなくて、まだ売れていない、一般的には無名と言われる俳優の中にも、演技の上手い俳優はたくさんいます。

お芝居を「芸術」として捉えれば、たとえ多くの人に認知されず、生計を立てられなくても、一部の限られた人に賞賛されればそれでいいのかもしれません。

でも、多くの人に認められ、求められるものでないと職業としては成立しません。

 

これから女優を目指すもえちゃん
確かに、需要がなければ「仕事」としては成り立ちませんよね😓
きんちゃん
俳優に限らずどんな仕事でもそこは同じですね。

 

俳優だけでなく芸能業界全般に言えることですが、この業界は「人気商売」です。

だからと言って、人気さえあれば何でもいいという意味ではありませんが、やっぱり人気(視聴者や観客が観たいと思う興味・関心がなければ、「仕事」にはなりません。

 

俳優を志して10年目のアッチ
確かにな…😰

 

誤解されるかもしれませんが、反対に言えば、演技が少々ヘタでも人気さえ出れば、俳優を職業にできる可能性はあるということですね。

もちろん人気が出る要素として「演技がうまい」ということは大きな要素の1つですが、見た目(容姿)や、キャラクター(個性)など、どの部分で人気が出るかはわかりません。

なので、人それぞれの「俳優としての能力やレベル」というのは、「=演技力」ではなく「総合力」です。

わかりやすい例を1つ出すと、たとえば、あなたは今まで演技の勉強は一切したことがなく、演技に対しての自信もないとします。

でも、ファッションが好きで服装のセンスが抜群によく、おまけに身長も高くてスタイルも良く、容姿端麗で人柄も良くて男女共によくモテるとします。

 

俳優を志して10年目のアッチ
そんな人になりたい😝笑

 

こんな場合は、もしかすると専門学校や大学に入って演技の勉強をするよりも、いきなり芸能事務所に入って、仕事をしながら演技の勉強をするという選択の方がいいかもしれません。

なぜなら、演技力がないのは勉強して向上していかなければいけませんが、別の要素で「即戦力」になれる可能性があるからです。

「すぐに仕事に繋がる魅力」を既に持っているなら、現場でもまれながら同時に勉強していくという手もありだということです。

実際に、スカウトなどでデビューし、活躍している俳優などは、その良い実例ですよね。

 

これから女優を目指すもえちゃん
確かに専門学校にも養成所にも行ったこともない人が一線で活躍していたりしますよね🤔
きんちゃん
演技の専門的な学校や養成所にも行ったことがない俳優は意外と多いですよ。

 

ただし、いきなりプロの現場に放り込まれることになるので、しっかりとケアしてもらえる環境や演技の勉強ができる環境が整った事務所を選んだ方がよいなど、いくつかの注意点もありますが、そういった別の視点での選択肢もあるということだけ知っておいてもらえばいいかと思います。

 

これから女優を目指すもえちゃん
なるほどー。どういう方法で始めるのかは、自分が目指す「俳優像」や今の自分の俳優としての総合力によって選択が変わるということですね☝️
きんちゃん
そういうことです。 学校の進路相談でも、将来何を目指すのか?そして今の自分のレベル(学力)によって選択する学校は違いますよね😄
これから女優を目指すもえちゃん
あ、確かに! 勉強ではなくてスポーツで推薦される人もいますしね😊

 

■他人にゆだねすぎず、自分で考え、自分で決める

目指すジャンルや俳優像が違えば、選択する道も違って当然なのですが、たまに1つの答えだけを絶対のように言う人もいます。

僕も現役のころはたくさんのワークショップなどを受講したので実際の体験談として言えば、どんなことでも答えを1つだけに絞りたい講師も多いです。

たとえば演技論などでも同じで「こういうときはこういう芝居」と、答えは1つだけと考えている講師や演出家、監督などもいます。

でも、撮影現場や舞台の現場に行くと、監督や演出家によって要求されることは全く違うことも多いものです。

 

これから女優を目指すもえちゃん
それって怖いですね~😱 
俳優を志して10年目のアッチ
実際多いですよ。演出家や監督によっては、真逆のことが「良し」とされる時もあるので😓

 

どんなことでも物事には多面性があるので、答えが1つしかないということはありません。

「どんな方法で俳優活動を始めればいいですか?」と、経験者や専門家に相談するのはとても良いことですが、それも人によって返ってくるアドバイスや意見は違うことが多いです。

そんな時に、最終的な答えは自分自身で出せる決断力は身につけておきたいところです。

僕の意見も含め、他人の意見にはさまざまな考え方や捉え方があるので、どの意見も「そういう考え方もあるんだ」と参考程度にとどめ、それを基にして自分なりに考えるクセをつけておかないと、他人の意見を鵜呑みにするだけでは、今後の俳優人生でも振り回されてしまいますので是非今から実践していってくださいね。

まずは自分自身で、「俳優になる目的」「目指す俳優像」を明確にし、そこを目指すのに本当に一番良い方法は何か?と考えてみましょう。

 

俳優を志して10年目のアッチ
自分が納得できる選択が一番ですもんね☝️

 

それを考えるためにも、まずは専門学校がどんな感じなのか、養成所がどんな感じなのか、それぞれの特色や環境やシステムの違いなどを見比べてみることをおすすめします。

資料請求できるところなどは資料を取り寄せてみればWEBサイトには載っていない特典などもたくさんあるので一度そういうものを見て、まずは「知る」ことが大事ですね。

それぞれがどんなものなのかを知っておかないと、選択することも難しいので。

当サイトでも養成所や芸能スクール、専門学校などいくつか詳しく調べて記事にまとめているのでよければ参考にしてみてください。

合わせて読みたい

おすすめの俳優養成所5選!俳優を始める方法。

ヒューマンアカデミーのカリキュラムや学費など。卒業生はどんな人がいる?

テアトルアカデミーのコースや入学金、月謝などのかかる費用と主な出身有名人

おすすめの芸能事務所兼芸能スクール「アヴィラステージ」(AVILLA STAGE)

 

■おおまかなタイプ別でみる選択肢

さて、俳優を目指すのにどの方法で始めればいいのか、ここでは大きなタイプ別に振り分けてみます。

一番大きな分かれ目は「映像俳優」を目指すのか、「舞台俳優」を目指すのかという大きな2つのタイプがありますね。

もしも舞台俳優になるんだと決めていて好きな劇団があるなら、養成所や専門学校などに通わずに、その劇団のオーディションを受けてみるのもいいと思います。

または研究生という制度などがあれば、それもありですね。

劇団で勉強してキャリアを積みながら、後に芸能事務所などを考えてみるのも有効です。

 

これから女優を目指すもえちゃん
そこまで強く入りたい劇団はないな…😓

 

もしも絶対に映画俳優になるんだと決めているのなら、それだけに的を絞って学べる専門学校などがいいかもしれません。

もしくは、最近では映画監督などのワークショップなども数多く開催されているのでそういったものに参加するのも良いと思います。

代表的なもので言えば三池崇史監督の「三池崇史の役者の穴!」などは完全無料で三池監督に教わる事ができるという貴重なワークショップなどもあります。

また自主映画など一般公募されている映画などもたくさんあるので、一度参加してみて現場を肌で感じてみるのもいいと思います。

関連する記事

俳優になるためのオーディション情報を探す方法

また、俳優にはなりたいけど「まだ具体的な俳優像が描けていない…」というなら、ひとまず総合的に学べる養成所や専門学校、大学などで演技の基礎的なことを学びながら進みたい方向などを絞り込んでいくという選択もいいかもしれませんね。

 

これから女優を目指すもえちゃん
なるほど、私は主に映画業界で活躍したいから…

 

すぐにでも俳優としての仕事がしたい人は、芸能事務所などに入るのもありですね。(※オーディションを受ける際には、未経験で演技に自信がなくても、1つくらいは自分の魅力を言えるようにしておきましょう

ただ、芸能事務所も本当にたくさんあって、もはやエキストラ専門の事務所と大差ないような事務所も多いので、注意が必要ではあります。

あと、レッスン代などかなり高額な費用がかかる事務所などには気をつけましょう。

基本的には知っている俳優(既に一線で活躍)などが所属していて、実績があり、信頼のおける事務所などに絞り込んだ方がいいと思います。

当サイトでも詳しく紹介しているテアトルアカデミーアヴィラステージなどは、現役で一線で活躍している所属者も多く、実績も信用もある芸能事務所兼俳優養成所なので参考にしてみてください。

そういった事務所の方が、俳優としての技術面、メンタル面での教育環境も整っている場合が多いですし、仕事に繋がる可能性も極めて高いからです。

 

きんちゃん
何より、既に芸能界で活躍している俳優が所属していると安心できますしね😄

 

■まとめ

これから俳優を目指す人にとっては、とにかくどの方法で始めるかということを早く決めて、あとは歩み始めるだけの状態にしたいと思います。

でも、何事も最初にゴール設定、もしくは中継地点を設定しないと、何を目指してどこに向かえばいいのかすらわからず途中で迷子になることもあります。

俳優になるための4STEPでもお伝えしている通り、「明確な、未来の俳優像をもつ」というのが最初のSTEP1です。

あなたが目指す先が決まれば、自然と方向が定まってきます。

「どこを目指すのか」「目的地はどこなのか」が明確になると、《どの道を通っていくか》がわかりやすくなりますし、決めやすくもなりますよね。

 

これから女優を目指すもえちゃん
じゃないと、どこに行くか決めていないのに、行き方だけ考えてるようなもんですもんね(笑)
きんちゃん
まさに、そうですね(笑)

 

合わせて読みたい

おすすめの俳優養成所5選!俳優を始める方法。

ヒューマンアカデミーのカリキュラムや学費など。卒業生はどんな人がいる?

テアトルアカデミーって?コースや入学金、月謝などのかかる費用詳細。

おすすめの芸能事務所兼芸能スクール「アヴィラステージ」(AVILLA STAGE)

俳優になるためのオーディション情報を探す方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました